*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

Axe Riverboyのライブ

●1月6日(土) Axe Riverboy @ Duo Music Exchange

axeriverboy_gig.jpg

2008年最初のライブは、アックス・リヴァーボーイ!


グザヴィエさんの麗しい歌声を聴いてきましたよ。
でも、口元にしっかり蓄えられたお髭には、正直ドン引き(大汗)


お髭姿は、「Carry On」のPVでも確認できます。。。



 



。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○


お髭には引いたけど、パフォーマンスはとてもよかったです。
特に、グザヴィエさんのせつなくて甘い声は、変わらずそのまんま。
むしろ、歌はかなり上達していました。
私が前にTahiti 80を見たのはいつだっけ??
たぶん5年以上はたってる。

マジで昔はヘナヘナだったのに(それもよかったんだけど)、
今は高音を出しまくり、CDで聴く歌がほぼ再現されています。

バンドメンバーには、
Ben's Symphonic OrchestraのBenoit Raultさんが
ベースとして参加。
Cross the Lineのときだっけ、フルートも吹いていました。
ドラムは、LecubeのJulien Barbagalloさん。

JulienさんとRaultさんは、リズム楽器もたくさん使っていました。
マラカスが2~3種類あったと思う。
ペットボトルに砂を入れた自作マラカスを使っているときもありました!
白い砂でした……どこかの砂浜からとってきたのかな(笑)

グザヴィエさんはギターを3~4種類使い分けていました。
最初はアコースティック。あとはセミアコースティックや
ソリッドギターを使っていました。


---

アルバム「Tu Tu To Tango」の曲はほとんどやりました。

(順不同、抜けもあります)
On an Island - john steed - Milkman - Care of Cell 44 (The Zombiesのカヴァー)
Guard - Whisper - Fences - Follow Me - Cross the Line
Carry On - Listen(Tahiti 80のカヴァー) - Morning Blues
Long - If You Tell a Lie - brazil - outroduction - Roundabout
……20曲くらいやったはず。
Tahiti 80の曲は、もう1曲あったと思います。。


。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○



いやあーそれにしても、終始、静かなライブでした。
ファン層から予想していたとおりなんだけど、
盛り上がらないというか何と言うか。

でも盛り下がってネガティブな空気が流れているわけではなくて。
オーディエンスは満足している。でも、微動だにしない。

私の前にいた子たちも、少しも拍手しなかったのね。
いい歌声や演奏を聴かせてもらったら、賞賛するのが筋だし、
自然と興奮してきて拍手したくなると思うのだけど……

ライブは、オーディエンスの反応も大きく左右するから、
「見るだけ」ってのは、私は解せないのです。

まあ、観賞方法は人それぞれですがー

---

グザヴィエさんは、
日本での公演の回数が多いからか、
そんなオーディエンスの薄い反応にも慣れたご様子?
少し戸惑っていましたけど。
チューニングで曲と曲にちょっと間が空くときは、
あらかじめ日本人のスタッフから仕込まれた日本語のギャグを
飛ばす余裕さえあります。

でも、
静かすぎるというか反応が薄いのは、やっぱりむなしいよねぇ。


---

最後、グザヴィエさんは
「タヒチ80でもアルバムが出来たらまた来るので、ヨロシク」
みたいなことを言って去っていきました。

そっかーアルバムを作っているのかぁー
楽しみです。






スポンサーサイト

2008-01-07(Mon) 01:40| 音楽-ライブ記| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/10-3bf22e7f

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。