*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

バルセロナのオススメレストラン1

バルセロナでおいしい米料理を堪能したい、というなら、
専門店を攻めてみてはいかがでしょう?
旅行で訪れた米料理専門店がとてもおいしかったので
紹介します。

Xativa-Pallela.jpg Xativa-Arroz.jpg



当日は4人で行き、前菜をいくつか楽しんだあと、
Paella Parellada魚のむき身や殻をとった海老のパエリアと
Arros negreイカ墨パエリア(写真左)
Calderada d'arrosほにゃらら
海老の入ったおじや(写真右、取り分けた後)を食べました。
(ほにゃらら部分、「海老」に相当するカタルーニャ語、忘れました)

「パエリア」ひとつとっても、いろいろな種類があって、
目移りします。
どれも魚介のダシが効いてて、うまかった~。
おいしいので、我々はペロリとたいらげましたが、
お腹を空かせていくことをおすすめします。

3種類も食べれたのは、鍋が小ぶりなため。
1人前から注文できます。
(鍋が大きく、2人前以上でないと注文できない店も多い)

メニューはカタルーニャ語。英語も併記してたような……??
カスティーリャ語は多少通じますが(人による)、
英語は通じません。
仕方ないので、併記されてた英語を参考にして、
「海老?」「魚??」とかカスティーリャの単語を並べて
何のパエリアかを確認しながら、でも、確証ないまま(爆)、
オーダーしました。
「シーフードパエリア」と、ひとくちに言っても、
いろいろあるので、出てくるまでどんなのが出てくるか、
冒険です。
少々コミュニケーションが大変でしたが、
お店の人は親身になって紹介してくれると思います。

我々が行ったときは夜9時ごろでしたが空いており、
予約ナシでも大丈夫でした。
前菜を3~4種、ご飯料理3種類、ビール、ワイン2本で、100ユーロくらいでした。

Xativa.jpgL'Autentic Xativa restaurant

カスティーリャ語なら、
「Arrosseria Xativa(アロッセリーア・シャティヴァ)」
というほうが通じるかも。

Carrer de Valencia,360
Barcelona
tel 93 458 34 18
fax 93 459 36 55




ヴァレンシア通りにあります。
地下鉄2,3,4号線 Passeig de Gracia駅下車 徒歩10分くらい。
駅を出て、ヴァレンシア通りをサグラダファミリア方面へ。
Hotel Majestic、Hotel Clarisのある方向です。
道を進むと、ひっそりしてくるので(金曜の夜でしたが……)、
ぜひ早足で歩いてね。

Good Luck!

スポンサーサイト

2004-10-30(Sat) 12:30| スペイン旅行| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/1088-58f96a85

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。