*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

マカオ行きの船

今日は、マカオへ行く船の話。

香港へ滞在していたときに、1日だけ、マカオへ遊びに行ってきました。
朝9時過ぎの船で行って、夜10時15分の船で帰ってきました。
1日だけでもかなり充実したショートトリップでした。

でも、あれもこれも見たい・行きたい……となると、
時間がぜんぜん足りなかったなー。

macau-1.jpg

さて、香港からマカオへは、国際線ならぬ国際船で渡航します。
高速フェリー。なんと、24時間営業。
平日昼間のエコノミーなら、わずか138香港ドル(約2163円)。

国境を越えるから、もちろんパスポートは必携です。
船に乗る前に、出国審査があります。
そして、マカオに入る前には入国審査があります。




・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

マカオ行きの船が多く出るのは、MTR上環駅のターミナル。
15分おきに出ています。
ターミナルへは、上環駅から直結している信徳中心(Shun Tak Centre)を
経由して行けます。

九龍島にもターミナルがありますが、マカオ行きの本数が多くない。
(30分おきなのかな)
先に九龍に8時に行ったら、すでに10時過ぎの船まで満席!
10時過ぎの船まで待つか、いちかばちか上環のターミナルへ行くか……

上環に行くほうを選びました。到着したのは8時30分ごろ。
何とか、9時5分の船を予約できました。
チケットを買って、すぐにゲートに入り出国審査へ。

平日でもずいぶん混雑しているものなんだなー。

macau-ferry.jpg

これが、自分の乗ったのと
同じタイプの船。
高速フェリーです。

天候が良くなかったので、
けっこう揺れました。。。




観光客もいるけど、
かなり身軽な人が多い。
通勤? 親戚に会いに行く??


国際線(船)なので、
このタラップを
降りている時点では
出国手続きを
済ませています。


遊覧船とは違って、
ふらっと抜け出すなんて
できません。
一方通行。


空港みたい。
飛行機に乗るような
雰囲気です。




船の中も飛行機のような
席の並びになっています。

乗る前に番号カードを
手渡されました。
その番号の席に座ります。





およそ1時間後、
こんな白い橋が
見えてきたら
そろそろマカオです。






帰りの船は予約しようか迷ったけど、
何時にターミナルに戻れるかわからなかったので、
やめました。24時間営業だからいいかな、、と思って。

実際、ターミナルに着いてから、すぐの船は満席で乗れず。
1本後の22時15分の船になりました。
それも結局満席。

香港←→マカオ間の人の流れは
かなり活発なんだと、実感しました。


スポンサーサイト

2007-07-07(Sat) 03:05| 香港&マカオ旅行| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/110-c58f1871

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。