*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

British Anthems 2008

●3月1日(土) British Anthems @ Shinkiba Studio Coast

あー、本日はお日柄も良く……(もう昨日の話だけど)
ブリティッシュ・アンセムズに行ってきました~☆

ba2008.jpg

もう、自分でもビックリなんだけど、
ベストアクトはQueenAdreeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeena!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ケイティ姉に全部もってかれたぁぁぁぁぁ~ あれはすごい。やばい。






・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

この日見たアクトは、6組。

THESE NEW PURITANS

QUEENADREENA

SCOUTING FOR GIRLS

DOES IT OFFEND YOU YEAH?

JOE LEAN & THE JING JANG JONG

GRAPEVINEのときは、DJコーナーで踊ってた

THE WOMBATS

どれも興味のあるバンドばかりで個人的には嬉しいのだけど、
小粒バンドばかりで集客イマイチ、イベント的にどうかと思う……収益だいじょぶ?

でも、QueenAdreenaには度肝を抜かれましたよ。
ほかのバンドなんて、ケイティがラヴユアマネー歌ってた頃、
まだまだオギャー言ってたよね。そのくらいの歴史の差があるから、
もう比べ物になりませぬ。

クイーンアドリーナのほかによかったのは、
ジョーリーン&じんじゃんじょん(笑)とDoes it~? 、
そしてスカウティング・フォー・ガールズ。

ウォンバッツとピューリタンズは……うーむ。


・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

【These New Puritans】

骨太なベースやドラムに、
ヘビーなピコピコ音をあしらったダンサブルなロックナンバーが多いので、
盛り上がる素質タップリのかっこいい音だと思います。。

でもそれは演奏が上手だったらの話……

残念ながら、ライブ栄えしてませんでした。
演奏と歌唱がペナペナで。
もうちょっとがんばりましょう。

ギターくんとベースくんの見分けが付かなかった。
兄弟?双子??なんて思ったけど、何の関係もないみたいー

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

【QueenAdreena】

急に待機するオーディエンスが増えた。
だいたいセットチェンジ中から何、この緊張感!
クリスピンとメラニーが出てきて、あれこれ調整しているときから、
オーディエンスは、スタンバイモードに突入(笑)。

(追記)あれってメラニーじゃないって……クリスピンの彼女だって!

でも若干年齢高め(私も安心♪)
若いパンクキッズばかりのモッシュピットのような
殺気立った空気ではなかったので、とりあえず前に詰めることに。

セットチェンジが終わってステージから人がいなくなってから、
黒い椅子が出てきた。
わー、お立ち台だっ!!

ほぼオンタイムに、クリスピンとメラニーが登場、
そして、すぐ後ろにケイティが続いて出てきた!!!

ケイティがステージ中央に立つと、顔に明るいスポットライトが照らされて、
彼女の笑顔が見えた。かわいい! オーディエンスを見てるっ!
真っ赤な口紅、ピンクのお花を髪に飾って、
布1枚だけまとったって感じのピンクのペナペナドレス。

うわっ☆
変わっていない!!
私の記憶にあるケイティとまったく変わっていない。
これはすごい!

すごくかわいいんだけど、もう、なんていうかすべてにおいて余裕がある。
独特のオーラが出てる。
それだけで、一気にクイーンアドリーナワールドに引き込まれました。



1曲も終わっていないうちから髪の毛くちゃくちゃ+口紅ベタベタになるのも、
白目をむく表情で絶叫するのも、
消えそうなウィスパー声でささやくのも、
ステージの上で座り込んじゃうのも、
わきを剃っていないのに腕を上げるのも、
マイクのケーブルを首にぐるぐる巻きにするのも、
シャンパンのボトルをラッパ飲みして上を向いてプハーっと吐き出すのも、
そして、シャンパンを頭から浴びるのも、
椅子の上に立って下を見下ろしているのも、
お胸がポロリとなっても構わないのも、
ぜーんぶひっくるめて、ケイティ。誰も真似できない。

あと、クリスピンがギターを振り回しているのもビックリした。
バトントワリングみたいなアクロバティックな技ですな。


セットリスト、2chから拾ってきました。ありがとう。
Lick The Itch
In Red
Cold Fish
Medicine Jar
Somewhere Upstairs
F.M.Doll
Pretty Like Drugs
Razorblade Sky
Birdnest Hair→このアカペラはゾクゾクした。
メラニーとクリスピンがステージを去って、
ケイティが一人、真っ暗闇にポッと差すスポットライトの下で、
声を震わせながら歌う様子は圧巻。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

【Souting for Girls】

クイーンアドリーナ目的のオーディエンスがかなり多かった模様で、
会場の密度が急に薄くなりました……
まあ仕方ないか。

個人的にはとても楽しみにしていたスカウティング・フォー・ガールズ。
クイーンアドリーナとは正反対の、ウキウキ+甘酸っぱいピアノ美メロ満載。
弱腰な男の子の心のうちの歌が多いと思うけど、
ヴォーカルくんの雰囲気も、冴えない弱虫っ子みたいで、イメージ通り(笑)

すっごくたのしかった!

残念なのは、バンドの演奏が下手っぴだったことね。
ピアノとドラムがずれることが多くて、ずっこけた(笑)

いまや、UKのNo.1の座を獲得してしまったのだから、
スキルアップにも注力していただければ。

「It's not About You」「Keep On Walking」「Heartbeat」「I Need A Holiday」
「James Bond」「Elvis Ain't Dead」「She's so Lovely」あたりかな、やったのは。
どれもナイスな曲ばかりです。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

【Does It Offend You Yeah?】

ギスギスと痩せた男の子のバンドばっかりだったのに、
このバンドはちょっとメタボ気味……ぷぷぷ
でも、そんなの関係ない、肉をぷるぷる震わせながらだって、演奏できる!

破天荒なパンキッシュダンスチューンにピコピコ+低いロボットボイス!
超かっこいい☆
Digitalismよりヘビーなところが気に入っています。

「Weird Science」「Battle Royale」
「Let's make out」「We Are Rockstars」……立て続けにやられるとツライ
ジャンプ+踊りすぎて酸欠状態になりました。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

【JOE LEAN & THE JING JANG JONG】

アルバムが出ていないのに、何でこんな遅い順番なの、と
いささか疑問でしたが、ライブを見て納得!

元ピペッツのドラマー、ジョーリーン率いるジョーリーン+JJJ。
ピペッツのドラマーにこんな原石がいたなんて!

楽曲はキャッチーなギタポ。
スタイリッシュなスーツに身を包んだ若者(約1名以外はイケメン?)
ジョーリーンはかなり濃いキャラクターの持ち主でした。
まあ、自分の名前をバンド名に付けるくらいだからねー。

変なクネクネ踊りしたり、
「もうね、僕、すっごく楽しい☆ サイコー」(意訳)なんて言ってみたり。

ケイティワールドのインパクトには負けるけど、
新人なのにここまで一人の世界を展開できるのは、
これはもう才能以外の何ものでもありませんね。恐るべし。

アルバムが楽しみです!

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

【The Wombats】

今回の期待はずれナンバー1。

大好きなバンドなので、ものすごく期待してたのー。
フジロックのパフォーマンスもとてもよくて、気に入っていたのに。
まあ、1回目のライブで感動すると、
2回目の評価が下がる傾向にあるのはわかるけど。

う~ん、初々しさがなくなっちゃった?
あのフレッシュなアカペラコーラスはどこへ行った?
もちろん、オープニングはコーラスで始まったけど、ちょっとだけ。
「ようこそー ようこそー ようこそー ウォンバッツ~」みたいなコーラス。
「Tales of Girls, Boys & Marsupials」も聴きたかった。

ヴォーカルくんが丸っこくなっちゃったよ……あごの下と二の腕にゲンナリ。
サングラスをかけていたから定かではないけど、ちょっとふてぶてしくなった気がした。


「My First Wedding」「Patricia the Stripper」「Dr Suzanne Mattox PhD」
「Let's Dance To Joy Division」「Moving To New York」
「Kill the Director」「Backfire at the Disco」くらいかな……アンコールがなくて残念。


・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆


ということで、クイーンアドリーナだけでも大満足なイベントでした。
めでたしめでたし?




スポンサーサイト

2008-03-03(Mon) 01:57| 音楽-ライブ記| トラックバック 0| コメント 3

コメント

はじめまして。私もUKといわずロック好きなので
お気に入りに入れて楽しませてもらってます。

British Anthems いいですね!私も
行きたかったのですが・・・
THESE NEW PURITANSがどうだったのか気になってて、
Youtubeでライブはグダグダだなぁと思いつつ
やっぱりでしたか(笑)(笑)

こうやってブログで生の声か聞けて楽しかったです。
クイーンアドリーナワールドですかぁ。
私も体験したかったです。うらやましい!!

それでは失礼しました。

2008-03-03(Mon) 08:00 | URL | hanaito #vbu/5PMA[ 編集]

あぁー。
アドリーナ見にだけでもアンセム行けばよかった
思ってた通りのライブだぁー!
記事読んだこっちもぞわぞわ。
明日。実際にぞわぞわしてくるお!

2008-03-03(Mon) 08:50 | URL | ばく #FilvtTCs[ 編集]

*hanaitoさん*
読んでいただき+コメントまでいただきまして、
ありがとうございます☆

These New Puritansは、正直残念でした。
私、踊る気まんまんだったのに。
がんばって生き残ってほしいです!
(British Anthemsで見たバンドで、それっきり、という例も多いので……)

QueenAdreenaは、会場でも絶賛している声を多く耳にしました。
新人バンドばかりの中に、経験がケタ違いのバンドを入れ込むのは
反則に近いですけどねー。そりゃ、いいに決まってる(笑)

これからもどうぞよろしくお願いします!


*ばくちゃん*
単独ライブは、ものすごいことになるよ!!
アンセムのパフォーマンスを見てそう思いました。
(ちなみに、すごいモッシュなどは起こりませんでした)

ケイティ、オーディエンスのほうを微笑みながら見るのよー。余裕しゃくしゃく。
目があったかどうかはわかんないけど、目が合った気になります(笑)。

いっぱい鳥肌立てて、いっぱい叫んで(?)
いっぱい堪能してきてねん!!!


2008-03-03(Mon) 11:33 | URL | lucie #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/1158-2cfe149c

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。