*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

There will be blood

今度のPTAさんは素晴らしいっす!

様々な映画賞で受賞しまくりの映画
There will be blood」を見てきました。
アカデミー賞では、Daniel Day-Lewisの主演男優賞、
そして撮影賞を受賞していますネ。

と言っても、かれこれ1カ月前……
すっかり怠け癖がついてしまって、映画の日記はぜんぜん書いてません。

今年は、映画館で観る映画の本数が減ってしまっているのですが、
いまのところは、よい作品ばかりに恵まれて、
「オイ時間と金を返せ」みたいな駄作にはあたっていません。
ラッキーです。
いずれ日記に書きたいと考えてはいますが、何しろ時間がたっちゃってるから、
どうなるかわかんないです。。。

さて、本題のThere Will Be Blood!
久々にPaul Thomas Andersonの映画を面白く見ましたーー!!





あまりストーリーは語っていないけど、映画のキーワードが出てきちゃいます。
気になる人は以下は読まないでねん。

---

正直、Punch-Drunk LoveやMagnoliaは、悪くないけど、
軽い感覚で観るには重くて退屈だったんだなー。
Magnoliaは気が付いたら眉間に皺が寄ってたし、
Punch-Drunk Loveは思いっきり寝たし。
PTAさんの自己満足的なコダワリが前面に出すぎていて、
あまり気軽に見れなかったのね。

でもThere will be Bloodは、サラリと観られて、むしろ拍子抜け(いい意味で)。
あれこれ難しいことを考えながら挑む必要はなく。

もしかしたら、PTAさん、ちょっと改心した?
私の中で、ぐぐぐっとランクが上がりました。

テーマが油田ってのも、わかりやすかったのかな。
人間の欲望がいとも簡単に表れやすいテーマ。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

個人的にツボだったところを端的に挙げると、

・皺くちゃでオイルまみれのダニエル・デイ-ルイス
・イカレてるポール・ダノ(一人二役)
・おどろおどろしい音楽

です。
見どころ満載~☆

---

まずはダニエルさんの、凄みのあるお顔。

これにはまいったね。
額や目じり、頬の皺さえ、演技の一部だと思っちゃいました。

地面から噴き出した真っ黒なオイルまみれになると、
これまた貫禄が増します。
威圧的で、かつドロドロの欲望にまみれた石油業者を、
上手に表現していると思います。

そして石油が引火・爆発して大火災が起こる場面も圧巻。
そんなすさまじい状況下でも、
「大量の石油が埋まっているんだ」と笑っているのはすごい。
渦巻く欲望のピーク。エゴの覚醒。
「我は石油王、金の亡者なり~」と叫んでいるのと同じ。

ああ、こわい。

でも、もっと怖い場面が。これには鳥肌が立ちました。

忘れちゃいけない、ミルクシェイクの場面。
ストローで飲み干す瞬間にズズズズズーって鳴る大きな音を模しながら
「I drink your milkshake! I drink it up!」とポール・ダノに迫ります。

ミルクシェイクは石油の比喩なんだよね、PTAさん?

でも、ミルクシェイクって何気にファンシーな飲み物なので、
「このおっさんがミルクシェイクをストローで飲み干すぅ~!?」と、
ちょっと「ぷぷぷ」と吹き出しそうになったのも事実。

PTAさんは、おそらく大真面目にこの場面を作っているので、
笑っちゃぁ、失礼ですわな。
確信犯で作っているのなら……参りましたぁ!

---

そして、かなり重要な役回りで登場するポール・ダノ。

Fast Food NationやLittle Miss Sunshineなどで
ぬぼーっとした思春期坊やを演じているのがとても印象的だったけど、
この映画では、まったく違うキャラを演じています。
含みのある話し方が、これまた絶妙。
実に嫌な感覚を見る側に植えつけます。

主人公のダニエル・デイ-ルイスとは対照的な位置付けだけに
なかなか大変な役柄だったとは思うけど、
何一つ問題なく演じていたのは、感心。

教会で悪魔を退治する狂信的な場面は傑作。
笑ってしまいそうになりました。
イカレ気味に叫んじゃっているのが、可笑しくてしょうがない。
でも、おそらく、そこはパロディではなく、
映画的には笑ってはいけない場面なのでしょうから、
大笑いしないようにお腹を押さえていました。

この場面も、PTAさんは大真面目に作っていることでしょう。
実は、観客を笑わせようと作ってたら……いや、そんなこたぁないでしょう。

---

最後は、音楽。

ホラー映画ではないのに、なんだ、このおどろおどろしい音楽は!
素晴らしい!!!

ドロドロの石油や、ポール・ダノの気味悪さ、
ダニエル・デイ-ルイス のギラギラした満たされることのない欲望……
この映画の重要ファクターと、妙にマッチします。

音楽を監修したのは、
なんとRadioheadのJonny Greenwood。いい仕事しています。
最近まで、知りませんでしたー。


・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

折りしも、原油が世界的に高騰している今日この頃。
食料費も高くなって庶民の生活は苦しくなる。
でも、これで私腹を肥やして笑っている人も、
きっといるんだなーなんて考えていたら、
ダニエル・デイ-ルイスのすごい形相がぽわんと浮かんできました。

原作の「Oil!」は、平凡社から「石油!」というタイトルで
出版されています。これも気になるところ。

There Will Be Bloodのページ

スポンサーサイト

2008-07-08(Tue) 02:24| 映画&TVドラマ| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/1174-ebbb98a7

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。