*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

おかえりジェイソン2

ああ、ようやく「2」が書ける……!

おかえりなさい、ジェイソン!

覚えている人はほとんどいないと思いますが、
1年以上も前に「おかえりジェイソン1」という日記を書きました。
(Jason SchwartzmanのCoconut Recordsについて書いたのですけど。)

「なぜ1?」と疑問に思った人がいたかいなかったかは分かりませんが、
当時は「2」を書く気満々だったのです。。。


で、「2」では、↓↓↓のアルバムについて書くつもりが……
jasonfalkner.jpg

I’m OK...You’re OK / Jason Falkner

なんと1年以上たってしまいました。

ちなみに、「3」「4」も書くつもりなんですけどー。ふふふー。
でも、その二つは最近のネタだよ(といっても半年以上たってるか……)




ぜんぜん入手できなくて、
最近になってようやくありつけました。

というか、このアルバム、くるり主宰のレーベル
「NOISE McCARTNEY RECORDS」から細々と(失礼!)出てるのね。
そして、USのレーベルとはまだ契約できていないのね。
どうりで中古市場で見かけなかったわけだ。


ま、ジェイソン・フォークナーをフジで拝めるということで、
そろそろ本腰を入れて聴き始めました(遅いよな……)

いちおう、チカラ入っています(笑)。
The GossipやTravis、Kate Nashを蹴っての参戦予定です。

=====

ジェイソン・フォークナーといえば、Jellyfishのメンバーだったり、
私が敬愛するジョンブライオンと組んで、ほんの少しの期間だけ
The Graysをやっていたり、と
何気に私の視界に入ってくる人だったのでした。

でも何よりキョーレツな印象を残したのは、サマソニ01のAirのパフォーマンス。
ジェイソンはギターを担当するサポートメンバーとしてステージにいたのだけど、
「エールって3人組だっけ?」と勘違いするほど目立っていて、面食らいました。

Airの二人はステージ左右端にいて微動だにしないのに対して、
ジェイソンは中央にいてノリノリでギターを演奏している……そんな構図も滑稽でした。
本当の主役はAirの二人なのに。

自己主張が強いのだけはわかった!
(だからJon Brionとも早々に決別してしまったのネ……)

---

最近、映画「JUNO」を見たら、エンドロールで、
ギター指導として、ジェイソンの名前がクレジットされていました。
ふーむ、そんなこともしているのね。

=====

さて本題のアルバムの感想。
超久しぶりのソロアルバムだけに(8年ぶり?)、
両手を広げて「おかえり~」と迎えたいところだったのだけどー

およよ、渋めな仕上がりに、少々戸惑い……。

もちろん、いいメロディの曲ばかりが集まってますよ。
駄作はありません(キッパリ)
ジェイソンらしいパワーポップ仕立てのギターに、
シンセサイザーがほどよく組み込まれています。

でももっと、心が躍るような何か……とか、キラキラしているものが欲しかったな。
久々のアルバムだっただけに、コチラの要求も高くなっているわけです。
わがままなリスナーです。

よい方向に解釈すると、
かなりリラックスモードで作られた印象。
地味ながらも、ストレスのないマイペースな制作過程だったのでは。
ちょっと取り組んでみたら、イージーリスニングなアルバムができましたって感じです。
でも、それって、ジェイソンが本当に作りたい「音」なのかしらん。

ジェイソンって、ソロ名義よりも、
ほかのプロジェクトでのほうが、いいシゴトをするように思う……な……。
TV Eyesとか、ビートルズのララバイアルバム(Bedtime with the Beatles)とか。

うーむ、大丈夫かな、ジェイソン。

ともあれ、ソロライブ(inフジロック)は楽しみです。


■Jason Falkner関連ページ
公式ページ
myspace
スポンサーサイト

2008-07-15(Tue) 02:27| 音楽-CD鑑賞記| トラックバック 0| コメント 2

コメント

そうそう、「JUNO」のエンドロールで彼(っぽい)名前を僕も発見したから、そうなのー?って思い一応ネットで色々調べたんすけど、どうも関連している記事など見つけられなかったから、名前が似てる違う人なんじゃないかな?という結論に達しましたよ。
と、一応ご報告を・・・

いやー元気ですか?
毎日暑いですねっー!

2008-07-17(Thu) 02:43 | URL | kemji #LkZag.iM[ 編集]

*kemjiさん*
なるほどー
「imdb」見てみたら、違う人みたいですねー。
「Falkner」さんと「Faulkner」さん…… あはは。
ありがとございます。

元気ですよ~
フェス前でかなりアガってます ウッキー(笑)

私も旅立つことを決心しました。9月ですけど。

2008-07-17(Thu) 13:52 | URL | lucie #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/1189-65b298ee

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。