*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

サマソにっき08-1日目

●Summer Sonic 08日記
8月9日(土)


もう、フジロックもサマソニも終わってしまって、
すっかり私の「夏」は終わってしまいました……。
心にぽっかり開いた穴が、いちばん大きい時期です。
誰か、このぽっかりを埋めてくれ~

さて、さっさと、サマソニ08日記を終わらせちゃいましょうか。
1日目!

Los Campesinos!
 ↓
Micky Green★
 ↓
Yelle★★★
 ↓
New Found Glory
 ↓
Cajun Dance Partyチラ見
 ↓
The Killsのはずが…ドタキャン
 ↓
Death Cab for Cutie★★★
 ↓
Hot Chip★★★
 ↓
Paul Weller

見たアーティストの数は、当初予定よりもずっと少ないです……。

でも、かわいこちゃんを二人見たし(ミッキー・グリーンとイェール)、
ベンちゃんと、過剰にサラサラヘアでちょっとキモいウォラせんせも見たし、
不思議系なちびっこおっさんホットチップも見たし、
個性あふれるアーティストを見られて、楽しかったです。





【1日目】

11:10 Los Campesinos! @ Marine Stage

朝一発目は、ザ・ファーマーズことロスキャン!
いやあ、炎天下のマリンのアリーナで、我ながらよく頑張りました。
この時の発汗量って尋常じゃないと思う。
ボーカルくんの紅潮っぷりもすごかった。
あんなコンディションじゃアーティストもやりにくいよね。

そんな悪コンディションを吹き飛ばせるか?
大所帯パワーをいかんなく発揮するような
パフォーマンスを期待していたのですが……うーむ。
ガツンと一発欲しい朝の時間帯にはやや不向きか。
昨年末のブリティッシュ・アンセムズのときに見た以上のものはなかったなあ。
シロフォンぽろぽろ鳴らすのとか、泣きそうな声で歌うところとか、
へっぽこぷりは相変わらず素敵なんだけどね。

やっぱりあの炎天下でナチュラルハイになれるのは、
ポリフォニック・スプリーのティムしかいないか。
(2002年のマリン朝イチのパフォーマンスはすごかった!)

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

12:00 Micky Green @ Beach Stage

ビーチステージでミッキー・グリーン!
これがまたよかったのよ~!!

ミッキーちゃんは、クラウディア・シファーと
ドラマ「コールドケース」のリリー・ラッシュ(キャスリン・モリス)を
足して割ったような、愛らしいキティちゃんでした。

ミッキーマウスとかミニーマウスを連想させるような配色の
ベビードールなドレスを身にまとって、とってもキュート。
彼女がステージに登場した瞬間、
暑いビーチに一粒の清涼剤がポーンと投じられた錯覚にさえ陥りました。
予想外!

音は、キュートなルックスとは裏腹に大人びていていました。
素晴らしい歌唱力。
こっちのほうは予想通り(笑)。

それにしても、
たまにピンクのハローキティギターをポロンと鳴らす姿
(ちなみに、下手っぴ)は確信犯としか思えない。キュートすぎる。
それに、タンバリンを叩く姿がセクシーでヤバかった。
私にとってのタンバリン女王は、
2002年フジロックはホワイトステージのキム・ゴードンなんだけど
(あれは、激ヤバだった)、
あれの次くらいにランキングしてもいいかも。

バンドメンバーも粒揃い。これまたブロンドキューティーゴージャスで、
特にコーラスの女の子チビTにデニムのホットパンツ、
ティアドロップ形サングラスっつのが可愛すぎ。
手を上に上げて手拍子するくねくねした姿もいい。
隣にいた男子は、彼女が何か新しい動きをするたびに、
「おお~」と感嘆の声をもらして、ずっと鼻の下を伸ばしていました。
その様子が可笑しかった。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

メッセに行ってブラッド・レッド・シューズを見ようかと思ったけど、
なんかかったるくてやめてしまいました。

イェールに備えてダンスステージに向かったら、
ちょうどパフュームが終わったところだったらしく、大量の人が出てきました。
あまりの多さで逆流できないのでしばらく待っていたけど、
待てど暮らせど人波は途切れない。
あんな狭い会場に、あれだけの人が詰めていたなんて、想像するだけで恐ろしい。

実際、あまりの混雑ぶりに、そこかしこで悲鳴が起きていたそうな。
入場制限のための柵が倒されて、規制できなくなるほど。
柵に挟まって潰されそうな人がいたから、
柵を固定していたロープをオーディエンスがライターで焼き切って、
潰されていた人を解放したというエピソードも聞きました。
圧死者が出なくて何よりです……。

パフォーマンスも簡潔なものに変えられていたそうです。

朝からダンスステージ入りした友人はちゃんと見えたそうですが、
ロスキャンを見てからダンスステージに向かった友人は
全く見えなかったそうです(身長のある人なのだけど)。

恐るべし、パフューム人気。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

13:25 Yelle @ Dance Stage

ようやくダンスステージに入ったら、まるで嵐の後のように荒れていました。
タオルや壊れたメガネ、ペットボトルが散乱してました。
そして、なんとなく空気が生ぬるかったです。
ぎゅうぎゅう詰めで混乱していた様子がうかがえました。

イェール嬢は、なんだか可愛かったよ。
青いスパンコールワンピに赤タイツ、白スニーカー。
トリコロールの組み合わせで、何気にフランスをアピール!?
はつらつとした元気な雰囲気がいいね。
ワンピースの背中の「on off」の文字は、意味不明。まあいいか。

盛り上げ上手、お歌も上手!
歌って踊って、駆け回って。楽しかった!
会場全体のノリもとってもよかった。

「Dans Ta Vraie Vie」「Tristesse/Joie」「Mal Poli」
「A Cause des Garcons」「Ce Jeu」「Je Veux Te Voir」
あたりの、アルバムの踊りやすい曲はほとんどやったと思います。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

14:15 New Found Glory @ Mountain Stage

マウンテンステージでニュー・ファウンド・グローリー。
サントゴールドと散々迷ったんだけどね。

エモエモなニューファウンドグローリー節は大好きです。
キャリア長いから、安定しているしね。
ライブは大盛り上がりでした。オーディエンスの反応がとてもいい。
私自身は、新しいアルバムを予習していなかったので、
旧譜とカバーアルバムの曲に賭けてました……でも、あまりやってくれなかった。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

ニュー・ファウンド・グローリー後、のろのろとソニックステージに行ったら、
ケイジャンダンスパーティーは2曲しか見られなかった。とほほ。
見た時間が短いからなんとも判断しにくいけど、いまいちだったな。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

そしてそのままキルズへ。
だけどちっとも始まらない。

10分たって、重大なトラブルが起きたことがアナウンスされる。
もうしばらくお待ちくださいとは言わなかったので、怪しいなと感じました。
そして30分遅れて、中止のアナウンスがようやく出ました。
待ちくたびれたぴ。

しっかし、そのアナウンスをした人、キルズのことを2度も「キラーズ」と言ったぞ。
キルズもキラーズも区別できない人が、舞台裏を支えているのか……!
愕然としました。

キャンセルの理由は、ドラムのデータが消えてしまったとのことだけど……
素人なのでよくわかりませんが、
バックアップは取っていなかったのかな。普通は取っておくよなぁ。
あるいは、データを送ってもらうことはできなかったのかな。
翌日の大阪ではやったらしいけど。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

17:15 Death Cab for Cutie @ Sonic Stage

個人的には二重丸◎。
新譜の曲もまんべんなくやってくれて、うれしかったです。

世間的には旧譜のほうが人気があるらしく、
新譜の曲はオーディエンスの反応が悪くて、もどかしい気分でした。

でもいくらか新譜派(笑)もいるみたいで、
「I Will Possess Your Heart」のイントロが流れたところで、
微動だにしないオーディエンスをかき分けて前へ進んだ人がいたので、
私もすかさずそれに便乗しました。

この曲のイントロ大好き。
ひたすらベースが鳴り続けて、ピアノが入って、ラ・ララ・ララ・ララ……
うきゃーかっこよすぎて鳥肌が立ちました。

「The Sound of Settling」「Soul Meets Body~♪」も感動モノっす。
バッパ~バッパ~ とか
パラッパラッパパ パラッパッパラッパ~ とか、思いっきり合唱。

最後の「Transatlanticism」も素晴らしかった。恍惚のひととき。
静けさの中に響くピアノのイントロが泣ける~
I need you so much closer~♪♪

もっともっとじっくり長い時間で見たかったです。
聴きたかった曲がたくさんあったし。

ところでベンちゃんは、どこの刑事さんですか、と聞きたくなるような、
60年代の刑事ドラマにでてきそうな風貌でした。
髪の毛伸びてたし、揉み上げもしっかりあった。

クリス・ウォラせんせのささやくような変な日本語、あれは何なのでしょう。
ナチュラルなのか、おどけてあんな風になったのかは不明。

そして、やたら髪の毛がサラサラだったのも不思議だった。
あんなんだったっけ?


Bixby Canyon Bridge
The New Year
Why Youd want to Live Here
Croocked Teeth
Long Division
Title and Registration
I will Possess Your Heart
Cath...
The Sound of Settling
Soul Meets Body
Transatlanticism

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

ホットチップまでの間、メッセの大スクリーンで
涼みながらヴァーヴを見ることに。
ナマケモノ~

「ビタースイートシンフォニー」さえ見られればいいやと思っていたけど、
結局時間切れで見られませんでした。
リチャードの堂々としたたたずまいには、目を引くものがあります。
貫禄っていうものなのでしょうか。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

19:10 Hot Chip @ Dance Stage

ダンスステージでホットチップ!
いいライブでした。ノリノリ~★

激しすぎない、素朴なピコピコが好きです。

何人かは揃いのツナギを着てました。
ちょびっとDEVOみたい(そういやどうだったんだろ、DEVOのライブは)。
だっさいおじさん軍団なのに、音のセンスはピカイチなのです。
ちびっこボーカルさんの、だっさいヘアカットとかめがね姿とか、
キーボード使いとか、ぴょんぴょん小躍りする様子とか、
なんだかいちいち面白かった。
ツボでした。

ラストは、シンニード・オコナーの「ナッシングコンペア2ユー」の
スローカバー。
これを選ぶというところにも脱帽だけど、
何しろアレンジが素晴らしすぎる!

Out at the Pictures
Shake a Fist
Boy From School
Hold On
Over & Over
No Fit State
One Pure Thought
Ready For The Floor
Privacy
Nothing Compares 2 U

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

20:10 Paul Weller @ Sonic Stage

最後はゆったりポールウェラーのライブ。
別にファンじゃないけど、まぁ、一度は見ておきたいな、ということで選びました。
(ほかに選択肢がなかった……という理由もありますが!)

この人のいいところは、ソロ作品だけでなく、
ジャムやスタカンのヒット曲もちゃんとやってくれること。
だから熱心に聴き込んでいなくても、十分に楽しかった!
ステキなおじ様、っていうたたずまいにも、チラリと感動。

なんかキモチイイ余韻に酔いしれたかったので、
次のペンデュラムはやめました。


22 Dreams
The Changingman
From the Floorboards Up
Sea Spray
All I Wanna Do (Is Be With You)
Out of the Sinking
Push It Along
Porcelain Gods
Peacock Suit
Picking Up Sticks
Broken Stones
Have You Made Up Your Mind
Wild Wood
Echoes Round The Sun
Come On
The Eton Rifles
Whirlpools' End
Town Called Malice

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

その後は、某チェーンの焼肉店で食べまくりました。
2日目に備えて、モリモリ食べないと、ね。
このコースも、毎年恒例になってます。



■Summer Sonic 08日記 8月9日(土)(この記事)
■Summer Sonic 08日記 8月10日(日)


スポンサーサイト

2008-08-23(Sat) 01:06| 音楽-フェス| トラックバック 0| コメント 2

コメント

まーえの朝一マリンのポリフォニ楽しかったな♪
つーか昔はほっとんどマリンに居ったんが信じられません。w
しかーもスタンドじゃなくて下降りて騒いでたし。。元気だったんだなーー。笑

マリン側に行くときゅうり食べてる人と何人もすれ違ったけど
るしちゃんは食されました?笑

IslandのCut Off Your Hands中々よかった◎
知名度低さゆえガラガラ感は否めませんが。。
一日目はVerve観るまでYelleがベストアクトだったけど。。
Verveかっこよすぎた!!!!!リチャード何あの存在感。。

2008-08-29(Fri) 22:04 | URL | ばく。 #-[ 編集]

*ばくちゃん*
どうも~

あの朝一マリンポリフォは楽しかったね~★
確かに、年々マリン率が減っている……
きゅうり、食べている人いたねぇ!
でもどこで売ってたんだろ~ 
私はメッセとビーチステージでしか食べなかったの。

そっか、Cur off your handsまで足を伸ばしたんだ! おつかれ~
今年はIslandステージには足を踏み入れなかったなぁ。
Islandって邦楽アーティストだとすぐに入場規制かかっちゃうけど、
ガラガラなアーティストもいるよね。ギャップが・・・
リチャードの存在感は、スクリーン通じて見てもすごかったので、
ナマはさぞかしすごかったんだろうなー

2008-08-30(Sat) 00:16 | URL | lucie #-[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/1200-34ee14e8

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。