*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

Natalia Lafourcadeのライブ

●9月7日(日) Natalia Lafourcade @ Aoyama Ivy Hall

メヒコのカワイコちゃん、ナタリア・ラフォルカデの
アコースティックライブinチャペルに行ってきました。

結婚式場のチャペルです。

natalia1.jpg

こんな場所でのライブなんてなかなかないので、貴重な体験だったかも?
雰囲気は良かったです。
これ、本物の教会だったら、
もっともっと音響がよかっただろうな~なんて思いました。




でも機材トラブルだとかで、予定時刻を40分も押しての開始。
ずっと待っていたから、始まる前から疲れちゃった。。。

しかも前座minakumariさんが40分みっちりやるもんだから、参った。
さらに苦手な音だけに、すっごく長く感じた。
それに十字架の前でインド楽器の演奏は、雰囲気的にかなり違和感ありました。

前座さんは3人構成、
シタールやらギターやら鍵盤、パーカッション、
いろいろな楽器を使っていました。

機材トラブルって
……ナタリアのシンプルなセットで起こるとは、なかなか考えにくいんだけど。
前座さんのだったら、腹立つぅ。

natalia2.jpg

ナタリアちゃんは、とてもチャーミングで親しみやすい娘さんでした。
日本のかわいい女の子とどことなく通ずるところがあります。小柄なところ?
なんか、こんなコ、身近にいそうだ!

黒のドレス(金リボン付き)に
派手派手タイツと黄金スニーカーという可愛らしい出で立ちでした。
髪の毛はハーフアップでこれまたかわゆい。
ドレスダウンが上手です。

アコースティックのセットだからか、
高い音でしっとり歌い上げるスタイルが多かったです。
高音の妖精さんみたいです。

ギターの音色はとてもソフトで、
耳を澄ましていないと聴き逃すほどの弱い音。
弦はほとんど撫でているような。すると弦が鳴り出すような。

ピアノの弾き語りもありました。これまた優しい音を出すんだよね。

マイクが一つしかないらしく、しかもローディーがいるわけでもないので、
いちいち自分で取り付けていました。
最低限の機材とスタッフで日本に来たんだね。
その割りにはガイジン撮影者は多かったな……一眼レフは二人いた?ビデオもいた。

15曲くらいやったかと思うけど、新曲が多かったので、
知っている曲は3曲くらいでした。
持っているアルバムとマイスペで聴いたのとで。
un pato - running too fast - lugar para renacer
tiempo al viento - casa
あたりはやったけど……もうちょっとアルバムの曲を聴きたかったな。
だからなのか、個人的には不完全燃焼。とても短く感じた。
始まる時間が遅くなったんだから
前座を短くするかつぶしてでも(失礼~!でもマジでピンとこなかったんだもん)、
ナタリアちゃんの演奏時間をもっと確保してほしかったな。


この様子ならもうすぐアルバムが出そう。
アコースティックバージョンはわりとしっとりめだったけど、
フルバンドだと、どんなだろう?

今回のような雰囲気なら、チャペルもいいけど、
朝霧の富士のお山のもとか、フジロックの木道亭や苗場食堂あたりで見てみたい。

=====

ライブ全体もなかなかフレンドリーな雰囲気でした。
人数も機材も最小限、ってあたりが「手作りライブ」的な
空気を醸し出していたのかな。

ナタリアちゃん、最初のうちは英語で話していたけど、
日本人の反応が薄いのとやっぱり英語は得意じゃないのか、
途中からスペイン語になっちゃった。
しかも、ネイティブのオーディエンスに向けて話すから、すごっく早口早口!

このシチュエーション、サマソニのカフェタクーバのときとおんなじじゃん!
メヒコな人たちが大笑いしていても、ポカーンでした。。。
スペイン語はほんの少しかじっているので、余計くやしかった~。

一緒に行った友人もスペイン語をやっている人なんだけど、
ライブが終わるやいなや、二人して
「もっとスペイン語を勉強しなきゃ」なんていう言葉が
ライブの感想よりも先に出たので、笑っちゃいました。

せめてゆっくり話してよと思いましたが、まあ同郷の前では早口になるよね……。

=====

今回の萌えポイント:
ピアノを弾きに行くときに、ギターをおろして床の上に置きながら
「My guitar is going to bed」って言ったのが、めちゃくちゃ可愛かったナー。


スポンサーサイト

2008-09-09(Tue) 09:02| 音楽-ライブ記| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/1206-a1ba5b5d

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。