*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

Anathalloのライブ

●12月6日(土) Anathallo @ Shinjuku Marz

シカゴ発のエクスペリメンタルなインディーバンド、
アナサロのライブに行きました。

anathallo_gig.jpg

この人たち、各地を行脚します。
アメリカでバンでドサ回りするような感じだ(笑)。

都内だけではなくて、山形や仙台、柏にも行くようで。
仙台にいるダンナは喜んでいました。
この土地選びは、対バンと関係あるのかな。

ピュアなんだけど、ものすごい高揚感。
エモエモなライブでした。




・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

アナサロのことについては、メディアでは、
「Sigur Ros meets Broken Social Scene」なんて形容されています。
はい、とてもわかりやすいですね。

総勢7人と大所帯。
そしてちょっとエクスペリメンタルなポストロック。

小さいハコなのでステージが狭い。楽器がところ狭しと並んでいます。
7人体制だから、さぞかし肩を寄せ合って演奏するのかなと思ったら、
その正反対!
狭いのに、楽器の演奏方法がとても熱い。体くねくね。
この人たち、エモい!!
よれよれシャツのボーカルさんが体を反らして
恍惚の表情で歌う様は、もう、エモのほかでもありません。
CDを聴いているだけじゃ、そんな感じじゃないんだけどな。
エクスペリメンタルなエモ(笑)。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

また、たくさんの種類の楽器を使っていました。
リズム打楽器系が面白かった。
メランコリックなメロディの中に、心に響く拍子木のキーンとした音や
鼓動が鳴るようなドラムのとどろきが散りばめられています。
ドラムは、和太鼓のように横に置いて力強く叩いていました。
ホント、最初は和太鼓かと思った!
タンバリンや鉄琴など、きれいでキッチュな音を出す楽器もいっぱい。
なかなか凝っています。

あうんの呼吸が感じられるというのも意外でした。
どことなく日本独特の空気感があるのです。
日本の風景を外国人が解釈するような、
ちょっとエキゾシズムがある和の情景が目に浮かびます。
Weezerのアルバム「Pinkerton」のジャケみたいな(広重の絵だけど……)。

ベースくんは幼少期に10年間日本(東久留米)に住んでいたとのこと。
日本語を話して、場を和ませます。
でも、このベースくんだけでなく、
グループ全体に独特な「和」の空気が漂っています。

もう少し、新譜「Canopy Glow」の曲をやるかと思ったけど
花咲かじいさんの歌をみっちりやりました。
そして、アンコールは日本語で歌う「Kasa No Hone (the umbrella's bones)」 。

初めてこの曲を聴いた時の第一印象はなんだこりゃだったのですが、
(だいたい、タイトルもすごいし、傘の骨に着目するところもすごい)
聴き続けているとハマります。中毒性があります。
ライブでのこの曲のパフォーマンスも素晴らしいものでした。
なんともいえぬワビサビな趣があります。しかもエモ(しつこい)。

アナサロの独特な世界観を肉眼で見られて
よかったです~

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

セットリスト
(「Anathalloブログ」から)

12/6 @ 新宿Marz

1.Hanasakajijii (four: a great wind, more ash)
2.Hanasakajijii (one: an angry neighbor)
3.Hanasakajijii (two: floating world)
4.John J. Audubon
5.Northern lights
6.Holiday At The Sea
7.Italo
8.River
9.All the First Pages

-encore -
kasanohone



スポンサーサイト

2008-12-13(Sat) 13:50| 音楽-ライブ記| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/1224-90cdd3b2

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。