*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

フジロック09-1日目

●Fuji Rock Festival 09日記
7月24日金曜日(1日目)雨、雨、雨……


のんびりしてたら、もうサマソニ目前!
ということで、あわててブログ編集画面を開きました。

ここから、フジロックの日記を始めまーす。

=====

1日中雨に見舞われましたが、正直、このくらいへっちゃらです。
毎年行っていると、慣れるというか、鍛えられるというか。
あとは、「雨にへこたれていては、せっかくのライブがもったいない!」という
負けず嫌いな気持ちに支えられているのかもしれません。
雨でも常にポジティブな気持ちで。
そのほうが楽しく過ごせます。

さて、1日目の足取りは

Longwave (Red Marquee)
 ↓
Cage The Elephant (Red Marquee)
 ↓
M83 (Red Marquee) ★★
 ↓
Lily Allen (Green Stage) ★★
 ↓
The Virgins (Red Marquee)
 ↓
ZAZ (苗場食堂)
 ↓
Peaches (Red Marquee) ★★★★★
 ↓
Rafven (苗場食堂) ★★
 ↓
Simian Mobile Disco (Red Marquee)
 ↓
Oasis (Green Stage)

あらら、ほとんどレッドで過ごしました。
雨でもへっちゃらだったのは、そのためかもしれません!

個人的ハイライトは、Peaches。
ものすごく楽しみだったし、期待以上に素晴らしいパフォーマンスでした。
1日目の夕方で、早くも目的達成。




朝からずっと雨。上下レインスーツで固めて会場入り。
今回は、前日から雨が続いているようだったので、迷わず長靴も履いていきました。
案の定、地盤がかなり緩んでいて、沼地化した場所もチラホラ。
この日は奥地へは行かなかったけど、そっちのほうは
それこそ、田んぼのような状態だったみたいです。

まあ、装備さえしっかりしていれば、雨の中でもなんとか過ごせるのだ。
台風とか雷雨でなければ、たぶん問題ない。
むしろ、強い日差しに悩まされることがないので、
寒すぎなければ1日くらいこんな天候でもOKだと思う。
(3日間ピーカンは、それはそれで疲れる)
気になるのは、指先がしわしわになること。
あとは、ビールが美味しくない、トイレが混む、写真が撮れない、、
くらいの不自由があるかな。

2003年のフジロックは気温がかなり低かったのと、長雨だったためか、
レインスーツを着ていても辛かった記憶があります。
あれはまるで、サバイバル大会みたいだった。

===========

●Longwave @ Red Marquee

会場の人の入りはまばら。
熱心そうなファンが前方に詰めているけど、全体的には埋まってない……。
最初の最初だから? 雨だからみんなの出足が遅いから?

イケメンさんバンドは朝のおめざにぴったりですが、
期待してたよりフツーだったな。彼らには落ち度はありませんけどね。
もちろん、ぽっと出の新人と違って経験あるバンドなので
安定感のあるパフォーマンスでしたが、逆にそれが予定調和で
フジのトップバッター、これからエンジン入れるぞ、なんてときには、
ちょっと物足りないのかもしれません。
ギターシューゲイズ的な美メロは小さな箱で見るにはきっといいだろうに。


===========

●Cage the Elephant @ Red Marquee

続けてレッドマーキーでケージザエレファント。
いわゆるミクスチャー系(死語?)で、
ガレージパンクにファンクテイストが加わった踊りやすい曲が多い。
だからなのか、会場の気温が急上昇した気がする!

ちょっと引き気味で観ていたのだけど、
前方から放たれるノリノリパワーがすごいと思った。
「朝からすごいなぁ」と思ったけど、もう朝ではなかったのね。
(フジロックは、どうも時間の感覚が狂う)

メンバーは、最後、モッシュピットにダイビングしてました。

===========

●M83 @ Red Marquee ★★

M83のパフォーマンスには★を付けちゃいます。
とても個性的で面白かった。
宇宙を浮遊しているような気分になる、心地よいシューゲイズ+シンセ。

ゴンザレスくんのほかには、ドラマーと、シンセ担当の女性がサポート。
ドラムセットのまわりを、コックピットのようにアクリル板(?)で囲っていたけど、
あれは何?音響的に何かあるのかな(教えて楽器に詳しい人!)

ゴンザレスくんは、音響のプログラミング全般とシンセをあやつるほか、
曲によってギターをギュインギュインかきならしていました。
青いLEDで飾った透明ケースが魔法の箱に見えた(笑)
ドラマーの透明の囲いもあるから、ステージが近未来な感じがしました。

ドリーミィでどことなく哀愁を感じさせる曲が多いです。
聞き入っていると、なんとなく遠い目になっちゃう。
輝ける青春を懐かしむような、そんな遠い目。
M83の音が素晴らしいのは、そのドリーミィなシンセに、
絶妙なバランスでかぶさるギターノイズ。
多重な音が心にしっかり残ります。

「We Own the Sky」では、メインボーカルのゴンザレスくんの声に
サポートの女性ボーカルが入って透明度が高まります。
息を呑むような気持ちで観ていたら、
ぱっと流れ星が流れるようなイントロ。「Kim & Jessie」です。
このつながりは素晴らしい★

ハイライトは最後の「Couleurs」、インストゥルメンタルの曲。
次第に盛り上がってくる高揚感。
さっきの幻想的で清涼感いっぱいの雰囲気からガラリと変わった。
女性シンセの人が前方に駆け込んできて、観客をあおる。
気が付いたら会場全体が大興奮のクラブと化してた。外はまだ明るいのに(笑)

EMIのページより
We Own the Sky
Kim & Jessie
Sitting
Skin Of The Night
Don't Save Us From the Flames
A Guitar And A Heart
Couleurs

===========

●Lily Allen @ Green Stage ★★

リリー・アレンにも★あげちゃう。とても可愛かった!
しかもかなりダイエットしたんじゃない、ずいぶんスリムになりましたよ。
13センチくらいのヒールを履いていました。

目の周りをラメ入りターコイズで大胆に塗りつぶした、
ビョークを思い出させるメイクもなかなか似合ってる!
最近のリリーちゃんは、ファッションのテイストを、
以前からの「可愛い、ラブリー」から
「カッコいい、クール」な方向へシフトしているのかな。
とてもイイです。

前にレッドマーキーで観たときは、会場が混んでいてほとんど見えず、
しかも私の予習もいい加減だったので、モチベーションが低かったのですが、
今回はそのリベンジ。
新しいアルバムがとても気に入っていることもあって、
個人的にはかなり気合いを入れて臨みました。

セカンドアルバムからの選曲が中心、
それに「Smile」「LDN」とかが加わったセットでした。

昼間のグリーンステージ、なかなかいいんじゃない?
あっけらかんとした曲は、屋外で聞くのも悪くない。
リリーちゃんの場合は、
魅力を振りまきながら歌ってナンボだと思いますので、
明るいステージのほうがその魅力が伝わるのかもしれません。
ヒール効果か、ダンスがセクシーに見えましたよ。
ちょっとくねくねした感じでステージを歩きまわる姿、
もう目に焼きついてしまいました。

カバーは2曲。
今回はブリトニー・スピアーズ「Womanizer」のカバーを
ぜひ生で聞きたいと思っていて、それが叶いました!
前半でカイザー・チーフスの「Oh My God」をやってしまったので、
もうカバーはやらないのか……とあきらめていたのです。
そしたら終盤でちゃんとやってくれました。

しかもその後は、
きわどくするどい歌詞と可愛い楽曲のギャップが楽しい「Fuck You」。
普段は中指なぞ立てませんが、思いっきり空に向かって立てました。
会場中が中指立てていたと思います。しかも楽しそうに。
ふぁっきゅ~ふぁっくべりべりまぁーーーーち♪

けっこう雨が降っていたけど、そんなのがまったく気にならない楽しいライブでした。

あ、でも男子率高かった(笑)

EMIのページより
Everyone's At It
I Could Say
22
Oh My God (Kaiser Chief's cover)
LDN
Go Back to the Start
He Wasn't There
Littlest Things
Smile
The Fear
Womanizer (Britney Spears's cover)
Fuck You
Not Fair


===========

●The Virgins @ Red Marquee

こりゃまた、ベタなダサダサ「一番」Tシャツを着てましたね、ボーカルくん。
それだけで萎えてしまうのだけどなー。

でも彼らの曲はキャッチーで、ディスコテイストなロックなので、
ライブがとても楽しいです。
ヘイリッチガール♪

最後は、なんとINXSの「Devil Inside」のカバー!!
正直、急に客のテンションが落ちた、目に見えてわかるほど(苦笑) 
私はそんなのおかまいなく、
はしゃぐと年齢バレそうで恥ずかしかったけど、小さくはしゃいじゃった。
同じような人がいくらかいて、うれしかった★

===========

●ZAZ @ 苗場食堂

通りすがりに見たザズさん。
ノーチェックだったけど、大好きなSiaの声に似ていて、ふと足を止めた。
ジャズ・シャンソン色が強いので、好みど真ん中ではないけど、
苗場食堂という場にとても合うバイブがよかった。
この人、あとはCafe de Parisで毎日やって、あとは木道亭でもやってた。
大きなステージではやらず、小さなところで何回も出演。
今回のフジの目玉Rafvenみたいだな、プチRafven。

 
===========

●Peaches @ Red Marquee ★★★★★

エレクトロパンクの女王様ピーチズ。
なんだこれ、ものすごいエネルギー!!!

ピーチズを観るのは3回目ですが、ぜんぜん衰えてない。
つか、いろいろな意味で強力になっています。
ステージを縦横無尽に駆け回るは、
モッシュピットに飛び込むは、モッシュピットの柵の上を歩くは、
奇想天外なアイディアの衣装を纏うは、すごい形相で歌うは、
ダイナミックな彼女のパフォーマンスに脱帽。
姉さんからエネルギーを分けてもらおうと、最前列にかぶりついて見ました。

最初は、桃をイメージさせるピンクのまん丸に膨らんだ衣装を纏い、
マスク姿で登場しました。
しばらくすると、そのピンクの服やマスクを脱ぎ捨て、
歌舞伎役者のような真っ赤なラインのアイメイク顔があらわに。
まるで戦う女戦士のような形相でした。

メリル姉さん、ひょっとしてワークアウトした?
前に見たときやプロモビデオと比べると、
若干だけどおなかぽっこり、太ももむっちりが軽減した気がしました。

アルバムジャケットみたいに腕に、スダレ付けた衣装もありました。
このスダレ、髪の毛だったのね。これまた歌舞伎みたいなのです。
両腕を顔にかざすと、髪の毛振り乱すヤマンバみたいです。怖いです。

面白かったのが、レーザーテルミン。箱から放たれている緑色の光線を
手で遮ることで音を出すもので、見事なギュイーン音が出ます。

「Shake Ye Dix」では、お約束のお下劣パフォーマンスが飛び出しました。
歌にあわせて、
マイクを股間に近づけて振り振りします。胸も振ります。爆笑。

ギター担当のサスキアさんがソロを演奏している間、メリル姉さんは
衣装替えで一度ステージから消えます。
しばらくしたら、バスタオルターバンを頭に巻き、バスローブ姿で再登場。
も、もしや……!
「アツイカラ ツメタイシャワーヲ アビテキタ」
ダーティな面だけじゃなく、きれいな面もあるのよ、と言って
歌い始めたのが「Lose You」。
キター、PVと同じ衣装だ!バスローブを脱ぐと、白いレオタード。
そして、腕を上げると、ひらひらドレープがスクリーンと化しました。
ぽっとメリル姉の映像が映し出される!

ラストの肌色全身レオタード(これはヤバい)がまたすごい。
怖くて誰も着ませんよ、これは。でも彼女が着ると違和感ないのが不思議。
しかも股間に豆電球灯すし。ピカーン!
もうね、エロイの通り越した、ものすごい主張です。

「Kick It」のときは、イギー・ポップのパートをキーボードくんにやらせてました。
もちろん上半身裸で金髪ウィッグを付けて。
カタコトで「みんな脱いで、私もハダカ、サスキアも、みんなも」なんて言ってました。
私は最前列でかぶりつき状態、後ろからズンズン押されていたので、
まったく観客の様子は見えなかったけど、後でほかの人に聞いたら、
外国人たちが威勢よくTシャツを脱ぎ、ぐるぐる回してたって。
スゲー。客も裸にしてしまうなんて。

衣装のアイディアを目で見て楽しい、骨太エレクトロディスコパンクを聞いて耳でも楽しい、
そして何より、メリル姉さんの表現力、圧倒されながらも楽しみました。

FUJIROCK EXPRESSのフォトギャラリー
これを眺めると、あのライブの興奮がよみがえるぅ!!

これはフジ公演数日前、スペインBenicassimフェスのセットリスト。
ちょっと違う気もするけど、大体こんな感じかと思います。
「Operate」に関しては記憶がない。あとはこれに「Lose You」が加わる。
Show Stopper
Trick or Treat
Hit It Hard
Operate
Mud
Serpentine
Shake Yer Dix
Saskia's Guitare Solo
I Feel Cream
More
Boys Wanna Be Her
Talk To Me
Set It Off
Kick It
Mommy Complex
Fuck the Pain Away

===========

●Rafven @ 苗場食堂 ★★

今回いろいろな場所で演奏するジプシーバンド、レーヴェン。
ぜんぶで8回だっけ?こりゃすごい!

私は1日目の苗場食堂で見たけど、
その後、会場内を歩いているとよく彼らの曲を耳にしました。
こんなに何度も聞くなんてこと、なかなかないね!

フォークギターにアコーディオン、フィドル、サクソフォンなどの演奏者たちが
苗場食堂の狭いステージ上に密集して、陽気に演奏しています。
途中だんだんヒートアップしてきて、曲もテンポアップして、
普段はこじんまりとしている苗場食堂前が揺れました。

===========

●Simian Mobile Disco @ Red Marquee

このころになると、私も収束モード。
お目当てのピーチズのパフォーマンスに大満足してしまったので、
かわいそうに、シミアンモバイルディスコは、おまけとなってしまいました。

あと、毎年レッドのトリは観客が多すぎて見づらいんだけど、
今回はほどほどでした。みんなどこいっちゃったの? 
クラムボンとかがやってる奥地??
それとも雨で疲れて退散しちゃった??

「Hustler」「IT's a Beat」などのおなじみの曲に加えて
もうすぐ出るアルバムに入る新曲も披露してました。
レトロにも斬新にも聞こえるという、不思議な感覚が彼らの持ち味。
素晴らしきラップトップ音楽。
いやぁ、ロックバンドからこっちに転進して、よかったねぇ~!

会場は盛り上がってたけど、
個人的にはピーチズの興奮を冷ますチルアウトタイムでした。

===========

●Oasis @ Green Stage

はい、これはもう、いろんなところで記事があがっているので
詳しいレポはそちらに譲ることにして……。

オアシスのライブは、個人的には、
体を休ませながら、なんとなーく眺めている、そんな位置づけです。
安心して見られる、ってことです。はい。

リアムがおじさん化してた。同じ年だけに、ちょいとショック。
(この年になると、西洋人って急に老け顔になるよね。例外もいるけど)

今回は特に後半のセットリストがよかった。
「Wonderwall」以降なんて、怒涛の名曲攻め。これはおいしい。みんなが楽しめる。
あといつも思うけど、なかなか日本では洋楽のライブで大合唱になりにくいのに、
Oasisのライブは別格。今回のフジでも同じく。
みんなに親しまれている証拠ですね。私だって、熱心なファンじゃないのに歌えるもん。

Setlist.fmから拾ったセットリスト
Fuckin' In The Bushes
Rock 'n' Roll Star
Lyla
Shock Of The Lightning
Cigarettes & Alcohol
Roll With It
Waiting For The Rapture
The Masterplan
Songbird
Slide Away
Morning Glory
My Big Mouth
Half The World Away
I'm Outta Time
Wonderwall
Supersonic
Live Forever
Don't Look Back In Anger
Champagne Supernova
I Am The Walrus (The Beatles' cover)


===========

その後のオールナイトフジは中止。
雨のせいで、川が増水して、ホワイトステージまでの道にかかる橋が
危険な状態にあるからだそうです。
そして、夜中に修復・補強工事をするそうです。
そりゃ大変だ。

ということで、初日のライブ観戦はおしまい。

次は2日目の話をアップします~。
サマソニ前にできるかな、できないかな……









スポンサーサイト

2009-08-04(Tue) 19:44| 音楽-フェス| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/1244-0eed2c8d

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。