*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

Maroon 5の新譜

maroon5.jpgIt Won't Be Soon Before Long
/ Maroon 5


「LA出身のロックグループ」
なんていう枕詞なんて、
もういらなくなったかな。

そのくらい売れに売れ、
誰もが知るようになった
マルーン5の新作。

……つか、ようやく2作目。

2002年に出した1作目だけで、よくぞここまでひっぱった!








・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

アルバムのジャケやPVを見るに、
フロントマンのAdam Levineの貫禄が満ち溢れています。
もう、すっかり、ビッグバンドですな!
1作目「Songs About Jane」は、1000万枚以上売れたのだと。

デビュー作で売れたアーティストは2作目が正念場、と言います。
今作も「ロック+R&B」のミックスで
1作目に負けないほどのアダルティーなので、きっと大丈夫でしょう!?

そう、マルーン5は、
アダルトな音を出してナンボのバンドなのですからー
Weezer似の音を出していた前身Kara's Flowersの芸風は
バッサリ諦めたんですからー。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

マルーンがバカ売れしてブイブイ言わせている様子を見ると、
なんだか感慨深い気持ちになるのです。

|2002年にLA旅行に行く機会があり、マルーンのライブに行きました。
|その頃の認識は、「カラーズのリニューアルバンド」ってくらい。
|アルバムが出た直後だし、ちょうどいいやと軽い気持ちでライブ会場へ。

|ギャルがわんさかステージ前に集結していて、異様な盛り上がり。
|アダムは「LAのみんな、ただいま! そしてありがとう」などと言ってた。
|息を吹き返したバンドが地元で凱旋ライブを行う……そんな図式。

|でも、その後、まったく音沙汰がなく……2年が経過。
|消えたかな?と思っていたら、2004年に大ヒット!
|その間のドサ周りが功を奏したのか、
|ラジオ放送局のキーパーソンの琴線に触れたのか、
|具体的に何が起こったのかはわかりませんが……

ということで、一つのバンドの成功物語の、
ほんの一場面を見ただけですが、勝手に、親心気分になるわけなのです。
「売れてよかったねぇ~」と。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

さてさて、アルバムの感想。
前作は甘美でゆったりしていましたが、
今作はスピード感が増しました。そして、より情熱的になった気がします。

携帯音楽プレーヤーで聴いていたら、何か音がおかしい。
チェックしたら、イコライザーがロックを聴くための設定になってた。
これをオフにしたら、普通に戻った。
マルーンの音がロックではなく、
アダルトコンテンポラリーな音であることを再認識。

シングル曲の「Makes Me Wonder」なんて、いいですね~
自信を持って、いろんな人におすすめできます。

Nothing Lasts Forever」は、サビの部分に覚えがあります。
そう、Kanye Westの「Heard 'Em Say」の
アダムのソロ部分と同じなのです。

厳密には歌詞の一部が変わっているので、“替え歌”と言うべきか。
「Nothing lasts forever but be honest babe~♪」は同じだけど、
ほかのところが若干違うのかな……??

前作は失恋の歌が多いのですが、
今作は、やや社会に目を向けた内容らしい……
いくつかのインタビュー記事を読むと、
失恋の歌に見せかけて、アメリカの政治に対する不満や
世の中に対する憂いを表現した、、なんて答えています。

うーむ、ビッグになるとそういう方向へ行くアーティスト、
多いよなぁーーー まぁいいや。

さて、どのくらい売れるかなー。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

Maroon 5
公式ページ 英語 日本語
myspace



スポンサーサイト

2007-05-24(Thu) 01:07| 音楽-CD鑑賞記| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/137-eadaa9be

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。