*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

東京ポリス倶楽部のライブ

●5月1日(火)
 Tokyo Police Club @ Harajuku ASTRO HALL


tokyopoliceclub_gig.jpg
トーキョー・ポリス・クラブのライブに行ってきました!
思いのほかよいライブでした。

いやぁ~若いってイイね!!








・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

CDを聴くかぎり、斜に構えた音感があまり若々しくないので、
KlaxonsやEnter ShikariやKBCのような
若手じゃないと思い込んでいたのだけど……

ステージに出てきたメンバーは、
若さ溢れる元気な青年たちでした。
調べたら19~21歳だって。なんだ、初々しいの!!

何しろ、みんなの演奏がバリバリ力強い。
ヴォーカルくんはベースを担当。かなり激しい音を出します。
横にいるギターくんは、高速・高音でジャカジャカ響かせるし、
ドラム、キーボードも派手派手。

演奏前の「ワン・ツー」の掛け声は、メンバー全員でシャウト!
コーラスもシャウト!

小さく飛びながら全身から声を出してる。
マイクを使わないのにスゴイ迫力。これにはビックリ。

そして、楽器を弾かず、メンバーみんなでハンドクラップする場面も。
オーディエンスも一緒にハンドクラップ!!
ドラムなしで、ハンドクラップと共に、ギターとベースの音が入る。
不思議な一体感。

私がこのバンドを気に入っている理由の一つに、
「斜に構えた感じ」というのがあります。
この斜めっぷりが、昔のBurnside Projectみたいで、ダイスキなの。
(今のBPは、New Orderっぽいから違うけど……)
ヘンな例を出すなぁと笑われましたけど。
このBPからピコピコ感をなくして、ギターもベースもキーボードもドラムも
激しさと疾走感をプラスすると、まさしくこの東京ポリス隊になります。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

Cheer It On」でスタート。
最初から壊れまくりのヴォーカルくん。下向き加減で力強く歌います。
よく見ると、ほかのメンバーも力が入ってる。
こんなにリキんでいる人たち、久しぶりに見たかも。

でも、歌い終わった後で、「サンキュー」言うメンバーの表情を見ると
まだまだあどけなさが残ります。

La Ferrassie
最初は静かなのだけど、中盤からの壊れっぷりがイイ。
ラストのギターとキーボードの共鳴が耳に残る。
美しい……

Cut Cut Paste
ギターくんとキーボードくんが演奏を止めて、
マイクなしで全身全霊こめて叫びます。
これ、バックコーラスです。ビックリしました。
CDを聴くだけでは、こんなパフォーマンスになっているなんて
わかんなかった。
スゲー

Nature of the Experiment
「Go!」の元気な掛け声から始まるダンサブルなナンバー。
野太いベースと高音のギターの組み合わせが、
曇った視界の中で鳴っているような感じです。

Citizens of Tomorrow
ハンドクラップから静かに始まって、叫びのコーラスが入る。

これ、大きな会場で、
満員のオーディエンスのハンドクラップが加わると
スゴイだろうな~などと想像してしまいました。

ほぼノンストップ、アンコールナシで35分。
東京ポリス倶楽部は、疾走していきました。



【セットリスト】
ニューブラット公演 2007.5.1(火)原宿アストロ・ホール

1. Cheer It On
2. Sixties Remake
3. If It Works
4. New Song
5. Box
6. Cut Cut Paste
7. Graves
8. Your English
9. Citizens Of Tommorow
10. Shoulders & Arms
11. La Ferrassie
12. Nature Of The Experiment
13. Famous
14. Be Good



・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

■関連リンク ニュー・ブラッド
過去記事 Tokyo Police Club



スポンサーサイト

2007-05-02(Wed) 01:36| 音楽-ライブ記| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/151-9d74fad6

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。