*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

British Anthems 2007

●3月3日(土) British Anthems 2007 
  @ Shinkiba Studio Coast


この日記、書きかけのまま1週間以上も放置してました。
今さらなんですけど……アップします。

ba2007.jpg
UKロックの祭典(?)
3回目のブリティッシュ・アンセムズに行ってきました。

サッカー的には、この日はJリーグの開幕戦の日だったので、
本来ならBAには行けなかったのですが、
なぜか、柏レイソルの試合は翌日の4日でした。

「お、これは私にBAに行けというおぼし召しかな?」と勝手に考え、
3日にBA、4日レイソルの試合、と両方を堪能できました。
ラッキィー♪








・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

今回は、

====
14:00 GREAT ADVENTURE
14:40 NOISETTES
15:20 the pillows
16:05 THE RAKES
16:50 STRAIGHTENER
17:35 THE BLUETONES
18:45 MAXIMO PARK
19:45 IDLEWILD
====

という顔ぶれ。
あれ?またブリティッシュじゃない人たちがまざってる。
新人さんはNOISETTESオンリー。

それに翌日4日にスタジオ・コーストで単独公演をやったBloc Partyが
トリでもつとめるもんだと、ずーっと信じていたのに、
そんな出来すぎたオイシイ話はどこにもありませんでした。

単独でスタジオ・コーストを埋められるレベルのバンドは、
BAには出ないってことか……

でも、出演バンドは小粒(中粒??)ながらも、楽しかったYO!
私が見たのは、NOISETTES - THE RAKES - THE BLUETONES -
MAXIMO PARK - IDLEWILDの5バンド。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

●NOISETTES キュートな暴れん坊

ジンバブエ出身のシンギー(Shingai)ちゃんがフロントを務める
パワフルなパンクバンド、ノイゼット。

「ノワゼット」(=くるみ)と読むのかと思いきや、
自分たちで「ノイゼット」と言っていました。
どうやら「NOISE(ノイズ)」+「ttes」の造語みたいです。

その名のとおり、シンギーちゃんのシャウトがラウド!

シンギーちゃんは、スカンク・アナンシーのスキンちゃんのような、
コワイ雰囲気があります。
つい、「ごめんなさいっさからえませんっ」って言っちゃいそうな。
スキンちゃんよりキュートでお転婆なイメージですが。

……なんて思ってたら、どうやらシンギーちゃんはスカンク・アナンシーと
ステージを共にしたことがあるらしい(by Creativemanのサイト)
どうりでコワイと思った……!

しっかし、せっかくCDを購入して予習していったのに、
演奏時間はわずか18分。すくなっ!

ヤーヤーヤーズみたいな、
主張の強いお姉さんパンクがお好きなかたにはオススメです。

・関連ページ 公式ページ myspace

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

THE RAKES 台風の目

一列に並んで、カクカクロボットの振り付けをしながら、
ステージに登場した面々。
一瞬、あっけに取られたオーディエンス。でもその直後に爆笑。
こういうセンス、好きです~♪ なかなか愉快な人たちです。

でもこれは序の口。ヴォーカルのアランのダンスが、
なんとも独特で、一度見たら、なんていうか、釘付けになります。

前にこの人たちのライブを見たときは(Bloc Partyの前座@2005/05/08)、
音源をネットで聴いただけだったので、軽く流して見ましたが、
今回はもちろんCDで予習~
あれから月日が経っていることもあり、随分とスケールアップした印象でした。
ダンサブルで研ぎ澄まされたギターが持ち味です。

Razorlightクラスまでブレイクしてもおかしくないバンドだと思います。

8曲。ちょっと短かったな……新作をみっちりやると思いきや、
前作の曲がけっこう多かった。

TERROR - RETREAT - WE DANCED TOGHTHER - 22 GRAND JOB
STRASBOURG - LITTLE SUPERSTITIONS - OPEN BOOK
THE WORLD WAS A MESS BUT HIS HAIR WAS PERFECT

・関連ページ 公式ページ myspace

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

●THE BLUETONES ザ・懐メロ大会。

自分を含め、急に客層に年寄りが増えた……(苦笑)

かつては、ブリット・ポップ界の人気者だったのに、
いつの間にか落ち着いちゃって……
当時は、オアシスよりもブルートーンズのほうが好きでした。
(でも今でもヒットを出し続けて超ビッグになったオアシスってスゴイと思う)

ヴォーカルさんは、曲によって、ギターを弾いたり弾かなかったり。
ギターを弾かないときは、ハンドマイクでかみしめるように歌うのですが、
その様子がUKバンドらしくない……というか、歌謡曲みたいなので、
すっぱい気持ちになりました。

私は「ゴー・ヒロミみたい」って思ったし、
一緒にいた友人は「ディナーショーかと思った」って言ってた。爆笑。
お互い、同じような印象を受けてたワケです。

とは言え、ヴォーカルのスキルは落ちているわけではなく、
演奏にもそつがなく、
色あせない、暖かくそして優しいポップチューンを奏でていました。

思い出に浸りながら聴いていたover30は多かったはず。

My Neighbors House - Bluetonic - Serenity now - Sleazy Bed Track -
Keep The Home Fire Burning - Head On A Spike - Slight Return -
Baby, Back up - Never Going Nowhere - Surrendered -
The Last Song But One - If...

・関連ページ 公式ページ myspace

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

●MAXIMO PARK 元祖、カクカクした動きの人。

マキシモ・パークは、ステージパフォーマンスが派手で
楽しいバンドです。
ポール(ヴォーカル)のカクカクした動きもたくさん見られます!
面白い動きのレイクスを観た後だったので、余計に面白く見えたのかも。

とてつもなくエネルギッシュ。ポールは欽ちゃんジャンプを連発。
そしてその高いテンションは、ライブの最後まで続くのです。
今回のラインアップで最も観客が熱くなってアグレッシブになった
パフォーマンスだったと思います。
ちょっと熱狂的な雰囲気のファンも見かけました。

春先に出る新アルバムの曲と、今のアルバムの曲を
バランスよく選んだセットリストでした。
新しいアルバムはなかなか良さそうです。

ただ、新人UKバンドのラッシュの波に埋もれないように
がんばれ~
彼らにとって、2ndは正念場だと思います。

GIRLS WHO PLAY GUITARS - GRAFFITI - OUR VELOCITY -
POSTCARD OF A PAINTING - THE COAST IS ALWAYS CHANGING -
BY THE MONUMENT - KISS YOU BETTER - APPLY SOME PRESSURE -
NOSEBLEED - LIMASSOL - UNSHOCKABLE - GOING MISSING

・関連ページ 公式ページ myspace

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

●Idlewild うるわしゅうございます

この夜、最も盛り上がったアクト。
来日を待ち構えていた熱心なファンが多かったように思います。

最新作がとても良いので、私も期待しておりました。
旧作もいいけど、新曲をたくさん聴きたいなぁと思っていたのですが、
思いのほか、新作からの選曲が多くて嬉しかった!
私にとってはよいセットリストでした。

不思議な哀愁感が醸し出されています。心地よい余韻があります。
いぶし銀のような魅力さえあります。
ヴォーカル・ロディさんの爽やかな印象があるので、
渋くなりすぎないところがアイドルワイルドの妙なのでしょう。

Modern Way of Letting Go - Roseability - No Emotion -
When I Argue I See Shapes - Love Steals Us From Loneliness -
If It Take You Home - Little Discourage - El Capitan -
Everything(As It Moves) - Make Another World

・関連ページ 公式ページ myspace

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

イベントとしては楽しかったけど、せっかくなので、
もうちょっと新人を見たいと思いました。。。
ま、サマソニでいくらか見られそうかな。





スポンサーサイト

2007-03-14(Wed) 02:44| 音楽-ライブ記| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/184-af14bf71

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。