*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

Yo La Tengoのライブ

●2月18日(日) Yo La Tengo (w/Clammbon@sound circle)
 @ Shinkiba Studio Coast


ヨ・ラ・テンゴのライブに行ってきました。
といってもこれは本当はクラムボンのライブ。ヨラは前座で参加。

ヨラの単独公演は平日で、どうしても都合が付かないので、
クラムボンのライブに乗り込んだのでした。
あくまでも目的はヨラ。

一緒に行った友人たちは、みんなクラムボンのファン。
でも私は……一応、CDを聴いて予習はしていったよ。

その日の午後、柏レイソルの試合を見てから
観戦友達と食事して、新木場へ。
一つ目のバンドの演奏は始まっていました。





・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

ヨラのときだけ前に行きたいなぁ~と思ったけど、
なんか遠慮しちゃって動けませんでした。
勇気出して、「前に行かせてください」って言えば行けただろうか……?
うーん、それはそれで感じ悪いかぁ……わかんない。

ヨラの演奏が始まる前に、頑張って10列目くらいまで前に行ったけど、
かなりアウェーな気分。
クラムボンとヨラのファン層、もうちょっとカブると思ったけど。
微動だにしない人が多かったのを目の当たりにして、ああ、やっぱり
もうちょっと頑張って前に行けばよかった……と後悔。
(演奏が始まると、もう、動けない)

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

ヨ・ラ・テンゴの3人衆は、みーんなマイペースだけど、
「やるべきこと」を理解しているアタマのいい人たちなんだと、つくづく思う。

選曲は新譜の「I Am Not Afraid of You And I Will Beat Your Ass
を中心に、みっちり1時間。
期待通り、ヨラの醍醐味である楽器のローテーションアリ、
アイラのギターがぎゅいんぎゅいん鳴る即興アリ、
ジョージアの素朴なヴォーカルアリ、ジェームスのパーカッション演奏アリ……

ヨラを知っているクラムボンファンにも、
知らないクラムボンファンにも、インパクトある演奏を披露してました。

最後は、おなじみ「You Can Have It All」。
今回はファンキーなダンスはなかったけど、
ジョージアのかすれそうな声に、
アイラとジェームスの乾いたパーカッションに、
これまたかすれ気味なドゥワッパコーラス――という
あえて笑えるアレンジでまとめてました。

そう、ここは笑うところです。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

クラムボンのパフォーマンスは、
軽い気持ちで、会場の後ろのほうで見ました。
というのも、、、CDで予習したけど、
どうしても郁子さんの声が苦手でして……。

最後、クラムボンのアンコールタイムのときに、
ヨラ3人衆がまた登壇して、コラボ演奏がありました。
ヨラの「Today Is The Day」です。
ジョージアがステージの中央にたたずんで(笑)、優しく歌いました。
演奏は、ちょっぴりクラムボンテイスト?

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

そうそう、今回驚いたのは、ライブ会場内に臨時託児所を設置してたこと。
もちろんそれを利用する子連れも多かったです。
なかなかユニークなアイディア。
MCを聞いて理解した範囲では、バンドメンバーのミトさんのアイディアらしい?

それに託児所だけでなくて、複数バンドを集めて一つのイベントに仕立てるというのも
彼らなりのアイディアなのでしょう。

あれこれ考えてライブを企画している雰囲気がビシバシ伝わってきます。
ステージでパフォーマンスしておしまい、じゃない、
ライブイベント全体をあれこれ考えている姿勢がなかなかいいと思います。

そして、平日の単独ライブに行けないとガッカリしていた私に
救いの手をさしのべてくれた
(=日曜日にヨラのパフォーマンスを実現してくれた)
ことにも感謝、感謝!!




スポンサーサイト

2007-02-22(Thu) 16:20| 音楽-ライブ記| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/196-da2b93ea

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。