*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

ザ・サブマリンズ

Blake HazardとJohn Dragonettiの男女デュオ、サブマリンズ。

thesubmarines.jpgDeclare the New State!
/ The Submarines

2006年発売。

別れと再会、
悲しみと希望に満ちた
甘酸っぱいアルバムです。

ブレイクとジョンは夫婦だけど、
一度別れを経験して、よりをもどした
実体験がここに織り込まれています。

そんなエピソードを踏まえながら聴くと、
なんとも言えない、じわじわと幸福感が湧き上がってきます。



・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

このアルバムには、
別れてから再会するまでのことが描かれているとのこと。
別れた後も、お互いを相手のことが忘れられずにいた……
ってところがニクイ。

だからなのか、やや切ない、胸キュンな歌が中心になっています。

1曲目は、日本盤タイトルにもなっている「Peace & Hate」。
「We had our rows said our goodbyes now we are taking vows」
(一度は別れたけど、今は誓いを立てる)なんて、
そのまんまな内容の詞も入っています。

アコースティックギターとメロトロンっぽい鍵盤音が効いています。
森の息吹が聞こえてきそう。
そして、幸せを噛み締めながら演奏しているような、
二人の姿が目に浮かんできます。

ブレイクもジョンも、歌い方がへなちょこなのだけど、そこがいい感じです。
キュートなブレイクの声と優しいジョンの声の相性がいいみたい。
さすが、一度別れても夫婦になっただけあります。

ブレイクの声は、艶やかさを減らしたスザンナ・ホフスのようで、
個人的にはかなりツボ。
艶やかさが減っている……ってとこがポイント(笑)。
やや倦怠感というか、アンニュイさがあるのが、
私の好きな「気張らない、肩の力の抜けたうた」なのです。

アルバム全体では、ブレイクの歌う曲のほうが多いです。
でも、そこに、もっともっとジョンのコーラスが加わっても
よいかと思うのだけど。
Vote」「Hope」「This Conversations」など、
ジョンのソロヴォーカル曲もあります。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

日本盤は、なぜか「Peace & Hate」ってタイトルなんですね。

私の手元にあるCDのタイトルは、「Peace & Hate」と書いてあります。
帯までしっかり、書かれています。

でもAmazonのページを見ると、
「ディクレア・ア・ニュー・ステイト!」と表示されています……
なんでだ~ 混乱してるぞ!

日本盤は、2007年1月24日発売。ボーナストラックが2曲はいってます。

Napsterには、「Declare the New State!」というタイトルの外盤があります。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

あともう一つ。
ブレイクの曾祖父って、
あの「グレイト・ギャッツビー」を書いたフィッツジェラルドなんだそう。
大学で文学を専攻したってのも、そして、このサブマリンズで静かで可憐な
歌を作っているのも、DNAがそうさせたのかもしれない。

でも……
日本盤のインペリアルのページに、
「面影が似ている」などと書いてあるけど、そうは思わないぞ~(笑)


■The Submarines関連ページ
公式ページ
myspace
Imperial Records(日本盤)のページ

ジャケのイラストを描いたMaxwell Loren Holyoke-Hirsch
→ギャラリーで一目ぼれし、作品提供をお願いしたのだそう。


スポンサーサイト

2007-02-15(Thu) 03:24| 音楽-CD鑑賞記| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/200-b46c890b

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。