*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

Corinne Bailey Raeのライブ

●2月4日(日) Corinne Bailey Rae @ Ebisu Garden Hall

イギリスはリーズの歌姫、コリーヌ・ベイリー・レイのライブに
行ってまいりました。

恵比寿ガーデンホール、とっても久しぶり。
前回は何のライブで行ったのか……思い出せない。
なんか客層もいつもと違ったな~。
オトナな雰囲気(笑)。全体的におとなしめでした。

妖精のようなコリーヌ、27歳(?)なのに、あどけなく見えました。
こざっぱりしているからかな。
ソウルフルな人によく醸し出されるような濃厚でクドいフェロモン
みたいなのがなくて、爽やかなのです。
(ホメ言葉ですー)



・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

でも意外や意外、コリーヌさんは、20分近く出てきませんでした。
何の根拠もないけど、なんとなく、あまり遅れずに出てくると思ってた。

ようやく照明が落ちて、ステージに人が現れたと思ったら、
もう、ゾロゾロ出てくる、出てくる!
バックバンドが10人近くいました。
ドラムにキーボード、ギターにベースのほかに、
コーラス隊が2人、ホーン隊が3人。……あれ、誰か忘れていないかな??

そして、最後にコリーヌがご登場~* 待ってました~!

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

アルバムの曲のうち10曲と、カヴァー&新曲という構成でした。

コリーヌは、座ってギターを弾きながら歌うときもありました。
歌うだけのときはギターを置いて、中央のマイクへ。
あとは、曲によっては、タンバリンも担当していました。

また、「Enchantment」では、キラキラしたシンセが入るのだけど、
それにあわせて、コリーヌがフィンガーシンバルで味付けしていました。

中盤で、新曲を披露。
曲名は……言ってたけど、聞き取れず+忘れました。
「公衆の面前でパフォーマンスするのは初めて」と言ってました。
アコースティックギターが既存の曲よりも目立っていて、
ロック寄りかと思いきや、
インストゥルメンタル部分でソウル色が強くなってドラマチックな展開に。
このライブで、演奏が最もアツくなった曲かも。
だけど、オーディエンスの反応薄。私にとっても、あまり印象が強くなかった。
ちょっと残念かな~

そして、恒例のカヴァー。
もともとロック畑で音楽活動をしていたコリーヌが選んだのは、
レッド・ツェッペリンのバラード曲。大ファンだそうです。
でもコリーヌの今のテイストで料理しても、不思議としっくりきます。
しーっとり歌っていました。
ちなみに、このカヴァーバージョンは、
グラミー賞記念盤(というのが出るらしい)にも収録されるみたいです。

最後は「I'd Like To」。
カッコイイ曲なんだけど、ここでもコリーヌはキュートでした。
キュートなコリーヌが豹変して、見ている側のアドレナリンがバクバク
出てくるような展開を期待してました。

アンコールは「Seasons Change」のみ。
クールダウンしておしまい。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

CDにはない、ライブならではのサプライズを求めていたのですが、
残念ながら、そういうものには恵まれませんでした……

普通に上手で、よいパフォーマンスをするので、
見ていて楽しかったですよ。
でもなんか、こう、ライブ感が欲しいんです。欲張りなんです。

バンドメンバーも、おそらく雇われバンド?
(PVでも見かける顔ぶれのような気もしますが)
淡々と上手にこなすあたりが、そんな雰囲気を漂わせています。
プロの腕利きミュージシャンを集めたのだろうけど、
コリーヌとの化学反応でよいものを出すかとなると、それはまた別の話。

音楽的才能と、ライブを楽しませる才能って別モノなんだなぁと
つくづく思いました。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

<セットリスト>テキトーです・・・
Call Me When You Get This
Trouble Sleeping
Breathless
Enchantment
Till It Happens to You
新曲 
Since I've Been Loving You(LED ZEPPELIN) 
Like A Star
Put Your Records On
Butterfly
I'd Like To
(Encore)
Seasons Change

■過去の日記
Corinne Bailey Rae
スポンサーサイト

2007-02-06(Tue) 00:52| 音楽-ライブ記| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/207-ff204a70

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。