*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

ラッキーナンバー7

luckynumberslevin.jpg映画「ラッキーナンバー7」を
見に行きました。
うわ、映画の日記を書くのは、
ものすごく久しぶりだ……。
サボっています。

渋谷の映画館では、2月から
レイトショー扱いになってしまうので、
あわてて見に行きました。
そんな状態なので、
あまり混んでいませんでした。

面白かったよ!

何しろ、主役ジョシュ・ハートネットの脱ぎっぷりがイイ!
(そこかい!)
ああ、これがユアンだったら……なんてことをずっと考えていました(ドアホ)

コテコテの犯罪サスペンス好きには物足りないかもしれません。

(ネタばれを好まない人は、ここまで!)




・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

最初からずっと、主人公のジョシュがアヤシー存在なのだけど、
それよりも悪人っぽいキャラが出てくるし、主人公のロマンスもあるなど、
テンポよく話が展開していくので、あまり気にせず見ていられます。

予定調和的で大きなサプライズで終わるわけではないけど、
そのテンポが絶妙だったので、見終わった後、
素直に「面白かった」と思いました。

いくつかメモとして残しておきたいことがあるので列挙します。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

(1)ずるいよ、なんで20分も脱いでるんですか!!

前述のジョシュの脱ぎっぷり話から。

最近、映画を見ても、面倒で日記にしていなかったのに、
なんでこの映画は日記にしたかというと……

↓これこれ!! 写真を並べるのがやりたかった。。

nugi-kurabe.jpg
(ギャランドゥ+やけに色白……)  (ユアンの姿カンペキ★ ため息が出る)

ジョシュはこんなバスタオル姿で、家の中でも車でも外でも
パタパタと歩き回るもんだからーーー
つい、ユアンの姿を重ね合わせてしまいました。
しかも20分くらい(たぶん)、ずーっとその姿で物語は進んでいきました。

思わず嫉妬したよーーー! 
誰に? 
――ジョシュ好きさんに!

この20分もの間、ジョシュ好きさんが身もだえしながら見ていると思うと……
「ずるいっ!」って思うわけです。

だって、ユアンのバスタオル姿(Down with Love)なんて、
あっという間だったんだからー。

ということで……
脱ぎ脱ぎなジョシュに萌えたわけではありませんので。
背が高くてガタイがよくて、なんていうか、正直、トゥーマッチなのです。

誤解のなきよう……

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

(2)キャストについて

この映画、キャストにけっこうな大物が揃っているんだけど、
その魅力が最大限に引き出されているかというと……そうでもない。

もったいないなーと思ったのは、
モーガン・フリーマンと、ベン・キングズレー。
確かに重要な役なんだけどーー あまり魅力的に描かれていない。

でも、ジョシュ・ハートネットと、ブルース・ウィリスの組み合わせはGood!
組み合わせはもちろん、何より、ブルースの役がハマリ役だったと思う。
ミステリアスで心優しきヒットマン……

どーでもいいけど、この組み合わせが、ときどき、
アシュトン・カッチャーとブルース・ウィリスに見えてしまいました。
ははは……

(そういえば、アシュトンとケヴィン・コスナーの組み合わせの映画、
「守護神」だったっけ、もうすぐ始まるなぁ~)

あと今回、意外なことに、ルーシー・リューに好感を持ちました。
キュートな役柄で、緊張感を解く役割としてうまく機能していました。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

(3)邦題、これでいいんすか???

私、ネタバレがいやなので、情報をシャットアウトして映画館へ行きます。
極端なときは、ほとんどどんな映画なのか知らずに映画館へ行く。
(監督やキャスト、原作、評判、予告などを手がかりにして)

だから、今回の映画、
「ラッキナンバー7」という邦題を鵜呑みにして、映画館へ行きました。
冒頭で、「Seven」じゃなくて「Slevin」って書いてあって、
7のつづりが間違っているのか、見間違えたのか、
「Sevenじゃないぞ……!」と軽いパニックを起こしましたよ。

原題は、せっかく「ラッキー7」と「不幸なスレヴン」をかけているのに、
邦題で真正面にしちゃって、、、もったいない……と思ったけど、
「セヴン」と「スレヴン」のモジリは、日本では通用しないから、
仕方なしにそうしたのかな。

数字の7は馬券、Slevinは馬の名前…ってことで、
邦題に7の数字を入れたのもわかる気がするけどね。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

(4)Kansas City Shuffle カッコイイ!

luckynumberslevin_cd.jpgLucky Number Slevin
Original Motion Picture Soundtrack

(リンク先はAmazon.com)

サントラの「Kansas City Shuffle」が
チョ~カッコイイdeath!

この「Kansas~」は曲名であると同時に、
映画の冒頭から出てくる、
ちょっと重要なキーワード。

試聴はコチラ
Fun Lovin' Criminals好きなら、気に入る音ですよ、クリック、クリック!!
またはJ.Ralphのページの「MUSIC」をクリックすれば、フルに聴けます。

Amazon.co.jpで見つからないんだけど……(探索中)


■公式ページ
ラッキーナンバー7(日本版)
Slevin(仏版)
スポンサーサイト

2007-02-01(Thu) 03:20| 映画&TVドラマ| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/209-175ac87c

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。