*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

Shout Out Loudsのライブ

●12月13日(木) Shout Out Louds 
    @ Shibuya O-NEST


師走の忙しい最中に何やってんだろ、私。
ライブに通い詰めです。なんてこった!

でも、楽しいからいいのダ☆
明日できることは今日しないで、ライブへ行く……
ズルい生き方が身に付いてきました。
良い子はマネしないように!?

スウェーデンのシャウト・アウト・ラウズのライブに行ってきました。

shoutoutlouds_gig.jpg

ほんわか温かい時間を過ごしました。
今年のライブ納めかな。









・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

Shout Out Loudsは、そんなに自発的に聴いていたバンドではなく、
なぜか、AmazonやLast.fmのリコメンドでポロポロ入ってくるバンドでした。
何との関連性でピックアップされていたのかな。
それにしても、テクノロジーってすごいもんです。
このおかげで、多くのアーティストを発見できているんだから!

2カ所でオススメされているんだから私の好みに合うはず、と
新譜「Our Ill Wills」を聴いてみたら、さすが、ズバリ好みの音でした。
メロディックなギターと軽快なシンセが弾けるパワーポップです。

あと、リズム楽器を上手に使っているところも、
このバンドの醸し出す味になってます。
ギターやベースを弾きながら、タンバリンを叩いたり、
いろんなことをしてる(笑)
キーボードの女の子は、ムーグやアコーディオン、鉄琴もこなしていました。

ヴォーカルは、ちょっぴりロバートスミスみたいなんだよね。
独特なハスキー声。

さすがに前作からのファンが多くて、熱気ムンムン。
狭いハコでぴょんぴょん跳ねて楽しみました。

もしかしたら、新曲よりも前作の曲のほうが盛り上がったかも。

前のアルバムからの選曲
「The Comeback」
「Very Loud」
「Please Please Please」
 →この曲はアンセムっぽかった。大合唱。

「Seagull」
「100°」
「Never Ever」

そういえば、前作って、今や影も形もないCCCDなんだね。
棚から引っ張り出したときに、CCCDと書いてあって、
なぜか懐かしく思った。でもチョー使いにくかった……。


新譜からは、こんな感じ。スローな曲は少なかった。
「You Are Dreaming」
「Impossible」
「Parents Livingroom」
「Suit Yourself」
「Tonight I Have to Leave It」
 →いろんなリズム楽器が出てきて賑やかで楽しかった。
   鈴、カウベル、マラカス
「Don't Get Yourself Involved」
「Hard Rain」
 →だんだん盛り上がってくるイントロがいい。
   ちょっぴりシューゲイザー寄り。
「South America」


1時間12分くらいやりました。14曲。
あ、上記は順不同。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

このパンフや雑誌記事の写真を見ると、
バンドメンバーは少しおめかししているのだけど、
ステージに現れた5人は、とてもゆる~いファッションでした。
ヴォーカルさんのヨレヨレっぷりが笑えました。

ぬぼーっとしたボーカルさんは、まるで、
背の高いジェイソン・シュワルツマン(マイラブ♪)でした。
もう、至近距離で見ていたのですが、これがジェイソンだったら……なんて
アホなことを考えてしまいました。





スポンサーサイト

2007-12-15(Sat) 01:20| 音楽-ライブ記| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/22-a1ae3a16

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。