*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

KLAXONS・クラクソンず

klaxon.jpgやっばーい! こりゃ一大事!!
オススメされていたのに、
しかも来日公演もあったのに、
CDを野放しにしていました~
KLAXONS(クラクソン

【追記】
アーティスト名に「S」を追加しますた。
正しくは「クラクソンズ」でした。
この日記投稿時、ずっと
「クラクソン」と思ってた……カコワルイ……


Xan Valleys / KLAXONS
プップー

ハヤリものに弱いミーハー心をぐわしっとされましたYO!

フルアルバムじゃなくてEPです。
6曲しか入っていません。

だけど、どの曲もやっばーい!!!

アートワークもどうかしてるっ!



・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

The Faintを破壊的にしたような感じといえばいいのか、
それとも、The Raptureに狂気を加えた感じといえばいいのか。
全体通じて、破壊的でノイジー。
明と暗が同居し、混沌とした独特な世界観を描いたポストパンクです。

まだアルバムが出ていないのに各方面で絶賛されていて、
これからも盛り上がりそうです。

Gravity's Rainbow
無機質なギターに、ベベベンベンベン破壊的なベース、
高速かつプリミティブなドラム。
そしてヴォーカルの高音が裏声なんですー

四拍子揃ったディスコパンクです。やヴぁい、踊らされるっ!

Van Sheによるリミックスバージョンも収録されています。
コチラは打って変わってポジティヴにアガるダンスチューン。
ピコピコシンセとヴォコーダーを駆使してます。
ちょびっとダフトパンクなんかを彷彿とさせたりして。
よい仕事しています、Van She。

余談:
Modularつながりで、Van Sheらとシドニーで「Christmas rave」を
行った模様。そしてAvalanchesも~!!!


Atlantis To Interzone
空襲警報ばりに鳴るサイレンで始まり、
そのまま独特なハードコアな世界へ。
途中から加速なんてするもんだから、もう、止まれませーん!

この曲もリミックスバージョンが収録されています。
コチラのリミックス担当はCrystal Castles。
サイレン音がパワーアップ。チャラ度もアップ。
ヤヴァイ、ボルテージ上がりまくりです。

彼らの記事を読むと、
「new rave」「neo rave」なんて言葉が付随しています。
ネオレイヴカルチャーの到来??
かつてのraveムーブメントを思い出すと気恥ずかしいのですが、
そんなことは昔のことで、トレンドが一巡したってことでしょうか。

NMEなんかは、彼らのことを
「最もダンスフロアを埋めるバンド」なんて形容しています。

ということで、完全にハヤリの音ですが、とっても気に入っています。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

こんなコたちがメンバー。イギリス3人組。

Jamie(vo/bass)、James(vo/key)、Simon(vo/guitar)
どれが誰なのかは……わかりません。
中央がJames? 豹柄フードを被った左がSimon??
ベベベンベンベンなベースを弾くのが右のJamie???
まだ情報が少なく、調べるのが面倒なので、誰か教えてください。
klaxon_member.jpg



klaxon_alb.jpg2007年1月には
アルバムもお目見えします。
Myths of the Near Future

心して待て!!





・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

■KLAXONS関連ページ
公式ページ
myspace もちろん試聴可能!

日本盤を出しているKleeのページ こっちでも試聴できます
Modularのページ ここで試聴するのがベスト
 
YouTubeのKlaxonsページ
Magick / Golden Skans
(両方とも独特なおどろおどろしい世界が繰り広げられています)

Liveの模様1(Magick) 2(Two Receivers)
スポンサーサイト

2006-12-27(Wed) 02:45| 音楽-CD鑑賞記| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/236-bac71452

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。