*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

欲しいものを手に入れるための10ヶ条

あしたー、あさってー、しあさってー!
British Anthemsへのカウントダウンは始まっていますが、
忙しくて予習もままなりません。

毎日来てくださっているかたがた、ごめんなさい、更新ペースが落ちてます。

tob.jpgさて、そのBAのトリを務める
ジ・オーディナリー・ボーイズ!

ど、どうしちゃったの??
ピコピコしてるのです~★★
そこんとこは、超好みです。

でも、前よりも
なんていうか、斜に構えた感があるー
アルバム作りが大変だったかな……?

モッズテイストを望むであろう
コアなファンは、どう評価してるのかな?
興味シンシンです。

問題(?)は、アルバムタイトルが長いんだよね。
こむずかしいぞー!!!

まずは英語のタイトル。
How to Get Everything You Ever Wanted in Ten Easy Steps
/ The Ordinary Boys


日本盤のタイトルも長い!
テン・イージー・ステップス~欲しいものを手に入れるための10ヶ条

(↑このジャケ写は日本盤、こっちはUK盤より安いし、
ボーナストラックが入っているので、オススメです。)




・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

インプレッションをマトメ。

Lonely At The Top
シングルカットされただけあって自信作なんだと思う。
でも、ポップながら、なんかこう、
つよーいパンチをくらったようなヒリヒリした感じがする。
でも、この曲に関しては、プレストンの肩の力が入りすぎて、
「もうちょっと気楽に行こうよ~」なんて言いたくなる。

アルバムタイトルが長いあたりも、
フロントマンのプレストンが、
肩の力が抜けた気楽な状態ではないってことを反映している???
勝手な想像。

The Great Big Rip Off
Club Chez-Moi
80年テイストがぷんぷんしてきます。ややニューロマ風味。
と思ったら、Adam and the Antsの影響を受けた、なんていう
記事をたくさん見かけます。

I Luv U
大好きだー、この曲。
でも、最初聴いたとき、
Avril Lavigneの「Complicated」のアレンジカヴァーかと思ったー

Commercial Breakdown
インストゥルメンタル曲。
電子音ピコピコっぷりがお見事~*
しっかしPolysicsに影響を受けたとは……うーむ。

boys_vs_lady.jpgNine2Five
Lady Sovereignの「9 to 5」が元曲。
うまくTOBカラーにアレンジしましたね。
スカスカっぷりも好きですー!

そしてソヴちゃんもフィーチャーされてます。

シングルの名義は、
「The Ordinary Boys vs. Lady Sovereign」。
ボーイズとレディの対決って……笑

終電までシゴトしていると、
9時5時ライフうらやま~と
ため息が出てしまったのは、秘密。


Shut Your Mouth
ピコピコピコー♪こういうお遊びアレンジがいい。
お気楽ゴクラクソングではないってところが、おしいんだけどなぁ。
個人的な好みとしては。

Walking On The Faultlines(The Ultimate Step)
ドラマティックな展開。
これより前の「We've Got The Best Job Ever」が
ポジティブな曲なのに対して、この曲はダーク。
Lonely At The Top」と同様、なんか自虐的だなぁ。

ピコピコアレンジの曲をアルバムに織り交ぜたこともあって、
この曲が落とす影がクッキリ。コントラストが強すぎるー。
そんなとこも自虐的。

このアルバムの中で一番好きなんだけど……。


ということで、
プレストンの心情が穏やかではないのかな、ということを
なんとなーく考えさせられるアルバムでした。


<蛇足>
Iko Iko
唐突。なんでこんなのカヴァーしたんだ?
悪くないけど、あまりにもカヴァーされてる曲だから新鮮味がない。
プレストンが好きな曲なのかな?

■The Ordinary Boys関連ページ
公式ページ 日本語英語
myspace プレストンはmyspaceがお好きではないようですが……
スポンサーサイト

2006-12-14(Thu) 10:30| 音楽-CD鑑賞記| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/244-f4bf4180

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。