*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

朝霧JAM★Day1(1)

2006 It's a beautiful day - Camp in 朝霧JAM
10月7日~8日 @朝霧アリーナ

チケットがなぜ即完売になるのか、
会場に着いたとたん、わかりました。

なぜって、気持ちいいから! 思わず深呼吸。
澄んだ空気で体が浄化された気分になりました。

フジロックにないもの、あったけど失われてしまったものが
そこにはありました。
asagiri-9.jpg



・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

まずは全体の雑感を。

(1)楽しい!

お天気に恵まれたのが大きかったとは思います。
自然の下で音楽聴いて寝泊まりして。
初めての体験で、何もかもが新鮮に感じられて、存分に楽しみました。
これが大雨だったら、また印象は違ったかもしれませんがー

すっかりトリコになりましたので来年も行きたいです。

(2)ゆるい!

会場での過ごし方は、自由。
後ろで寝っ転がっていたり、バーベキューで盛り上がっていたり、
思い思いに、ゆるーい時間を過ごしています。

でも思いのほか、ライブを観ている人が少ない~!
「音楽好き」よりも「フェス好き」が集まる場なのね、朝霧は。

……BBQなんていつでもできるじゃん、、と思う私は貧乏性ですか?
 ボソ(-。-)y-゜゜゜


・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

さて、私は2日間で8アクトを見ました。
しかも、人が少ないから、ほとんどのアクトを最前列~3列目で見ちゃった。

私にしては、これはかなりゆるーい観戦プラン。
ステージが二つしかないのだから、どう頑張っても、
フジのようにはガツガツにはならないわけで。

<1日目>
Gina & Chris → Ron Sexsmith → Justice 
→ Michael Franti and Spearhead → Erol Alkan

<2日目>
ラジオ体操 & 牛乳争奪戦 → Hocus Pocus → Chris Pierce
→ mojave 3


ベストアクトは、マイケル・フランティと、ポーカス・ホーカス!!!
両方とも、かっこいい~!!!

それぞれのライブの感想をざっと書き留めておこうと思います。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

Gina & Chris MoonShine Stage 7日14時~

gina_and_chris.jpg元ムーンフラワーズのGina
+ビッグフィッシュのChris。

これまで存在を知らず、
聴いたことはなかったけど、
この人たちの音ならいけるかな、と
事前に予習をして、行きました。
今は主にフランスで活躍してるようです。

開始予定時刻を過ぎても、
ステージ前には誰もいない。
代わりに、ステージを装飾するための
クレーン車が居座っていたけど。
最前列をゲットしちゃいましたよ。。。


ジーナのフィドルとクリスのアコースティックギターの
ステキな二重奏。

CDで聴いたときは、ラウンジポップ+ボサノヴァという印象でした。
朝霧のステージでは、
自然がいっぱいの青空の下という雰囲気も手伝って、
アコースティックの素朴さが前面に出ていました。

時折、ジーナのパラッパ~なんていう軽やかなコーラスが絡む。
一緒にパラッパやミャオウと猫の鳴き声を促して、
観るだけじゃなくて参加して楽しめる仕掛けが楽しい。

終盤、ジーナはハイヒールを脱ぎ捨て、
ステージから降りて、歩きながらフィドルを弾き続けました。
観客もその後に続いて練り歩く!
まるで、「みんなで大きな輪になって踊ろう~♪」みたいな
フォークダンス会場みたい。なんだこの一体感は!楽しい!!

最後にクリスが歌いました。彼はまた優しくて渋い、いい声しています。
1曲だけだったのが残念。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

Ron Sexsmiths Rainbow Stage 7日15時30分~

ron.jpgロンは、サウンドチェックにも出てきました。
「これはサウンドチェックですから」と
丁重にお断りするところが可笑しい。

サウンドチェック中、まだ人はまばら。
だからここでも最前列を軽く確保。
二重アゴまでシッカリ見える!


でも失笑した理由はもう一つある。
それは、ロンの頭の上のベレー帽。
ちょんと「のっかって」いました。
も、もしかして、ベレー帽の被り方を知らない?

風が吹くと、あわてて頭を押さえていました。
そのためか、本番ではそのベレー帽は被ってきませんでした。

ちなみに、ジャケットの中は、朝霧Tシャツのようです。
つーか、2004年出演のとき今回のTシャツ、同じじゃん!

サウンドチェックでおもむろに弾きだしたのは、
ビートルズの「Nowhere Man」のカヴァー。
ちょっとしたサプライズです。

それにしても、この人は甘くて美しい音を奏で続けますね。
私のイメージは、秋色+メイプルシロップフレーバー(なんだそりゃ)。
どこかはかなげで哀愁があるけど、甘美。
秋色に染まったまま色褪せない。

ステージでは、いたってマイペース。
ほとんど顔を上げず、黙々と仕事に打ち込む職人のよう。
富士の御山のほうを見ているときもあったけど、目がその方向を
向いているだけで、何も見ていない、きっと。

不機嫌?無愛想? でも、おそらく本人は真剣。
アコギと歌に徹する姿に引き込まれてしまいます。
途中、アコギを置いて、ピアノの弾き語りも披露。

I Think We're Lost」の音色が秋晴れの空に広がって、
すーっと心が軽くなっていきます。
Secret heart」で魂持っていかれた気分。
ごめんなさい、ロン様。ベレー帽を笑った私が悪うございました。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

長いので、いったんここでブレイク。
続きは朝霧JAM★Day1(2)でどうぞ。

【朝霧レポ】
朝霧JAM★フォト
朝霧JAM★キャンプグッズ
朝霧JAM★Day1(1) この記事
朝霧JAM★Day1(2)
朝霧JAM★Day2

スポンサーサイト

2006-10-20(Fri) 06:52| 音楽-フェス| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/280-59b5e417

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。