*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

73 Touches / Hocus Pocus

hocus_pocus.jpg73 Touches
/ Hocus Pocus


超美味!
クールなフレンチ・ヒップホップ、
ホーカス・ポーカスでーす!
朝のおめざにピッタリ。

ナント出身の5人組。
MCの20syl(ヴァンシール)と、
DJのGreemと、
楽器担当3人というバンド形式です。

朝霧JAMにも出演します!
午前中の爽やかな時間帯です。



・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

オールドスクールのヒップホップに
ファンクやジャズの要素をかけあわせて、
これまたメロウなフランス語の詞を乗せているんだから、
心地良いったらありゃしない!

全曲、一貫してどことなく心地よい空気が流れます。
落ち着いているときの心拍動と曲のビートが
ピッタリ合うからなのかな。

1曲目の「Onandon-pt.2」には、
イギリスのヒップホッパーTY(Big Dada)が英語MCで参加。
12曲目「Hip Hop?」にもthe Procussionsによる英語のMCが入ります。

それ以外は、基本的にはフランス語のラップ曲が続きます。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

常套句だけど、捨て曲がない。
様々な楽器を使い、1曲1曲の性格がくっきりしています。
ということで、1曲ずつプチ解説、よーいどん!

1曲目「Onandon Part 2
On-and-on、ね。おーねのーんねのーん(笑)
軽快なストリングスのアレンジでゆらゆらしたくなる~

2曲目「Pascal
ちょっとアンニュイなフルートをフィーチャー

3曲目「Comment on faisait?」(どうしてたっけ?)
「昔はどうしてたっけ~?」とひたすら考え続ける歌。
パソコンがない頃、ケータイがない頃、エイズがない頃……
個人的には、「Comment on faisait?~♪」の
あとに、英語で「I don't know~♪」とMCが入るところがツボ。

4曲目「J'attends」(待つわ)
アコースティックギター中心のアーシーな曲。
フランス版「待つわ」でござい。
英語でも「I'm waiting~♪」ってコーラスが入るよ。
内容は、環境問題を歌ってる(たぶん)。

5曲目「Feel Good
DJ集団のC2Cが参加。余すところなくスクラッチが施されています。
ところどころ、ジャジーなトランペットが入るところがオサレ♪

6曲目「J'aimerais
アルバムで最もジャジーな曲。

7曲目「Fait Divers」(新聞の社会面、三面記事)
歌詞的にちょっと少しシリアス。
都会の猥雑さを表現しているかのような、
乾いたスクラッチ音が印象的。

8曲目「Swingin
箸休め。

9曲目「Zoo
「人生は動物園だねっ!」文字通り、動物オンパレード!
いろいろな動物の鳴き声がサンプリングされています。
鳴き声とトランペットの掛け合わせが愉快。

10曲目「Geometrie
打って変わって、アーバンな印象の曲。
ビブラフォンが効いたクールなアレンジ。
痛烈なアメリカ・ブッシュ批判。

11曲目「Brouillon」(スケッチ)
「うーん、メランコリックすぎてダメだ」
「よし、オールドスクールでいこう」
「いや、ジャジーなのがいいな」などと
ダメ出ししては演奏、やっぱダメだ、と繰り返す、ごたまぜな曲。
まさしく曲のスケッチ作業の様子を描写しています。面白い。
紙に鉛筆書きする音なんかもサンプリング。

12曲目「Hip Hop
the Procussionsの英語MCが小気味良くたたみかけるアッパーな曲。
イップオップ!

13曲目「73 Touches」(73鍵盤)
しっとりジャズ・ピアノがフィーチャーされたアルバムタイトル曲。
締めくくりにふさわしい。

アルバム名は、邦題「73タッチズ」となっているけど、
Rhodesなどのピアノの73鍵盤を指していると思います。
実際、エレクトリック・ピアノはけっこうフィーチャーされています。
メンバーにわざわざ「Fender Rhodes担当のMatthieu Lelievre」と
名乗っている人がいるくらいです。

→(10/11追記)
やっぱり鍵盤の意味ですね。
曲の内容は、ジャズへのオマージュ。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

バンド名についてメモ。

……ホーカス・ポーカスは英単語なのですが、
(呪文とかおまじない、とかいう意味だよね。
さしずめ「なんじゃもんじゃ」……みたいなもんでしょうか)
あえてフランス語読みすると「オキュス・ポキュス」となるはず?
こんど先生に聞いてみよっと。

→(10/11追記)朝霧のライブで、自分たちのことを
「オキュス・ポキュス」と名乗っていました。

20sylが曲中で「Hocus Pocus」をどう発音しているか聴いてみたけど、
それらしきものは聴こえてこなかった(まだ聴き込み足りないかも)。
その代わりに、自分たちのことを略して「HP」(アッシュペー)と言ってました。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

また、HP5人組は、
朝霧JAMに出演する前に、都内で2回ライブを行います。

2006年10月10日(火)千葉・舞浜Club IKSPIARI
2006年10月7日(土)東京・日仏学院ラ・ブラスリー

う~ん、両会場とも、
ま~ったりしたよい雰囲気のライブになりそう!

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

■Hocus Pocus関連ページ
myspace
公式ページ 
レーベルページ
日本のレーベルP-vineのページ
スポンサーサイト

2006-09-28(Thu) 09:05| 音楽-CD鑑賞記| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/295-cd969262

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。