*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

ドレスデン・ドールズのライブ

●9月7日(木)
The Dresden Dolls @ duo Music Exchange 東京


ザ・ドレスデン・ドールズのライブに行ってきました。
顔を白塗りにしたアマンダ(ピアノ)とブライアン(ドラム)の
“キャバレーパンク”デュオです。

2005年のフジのパフォーマンスを見て以来のファンです。
この不思議なデュオが織り成す、
美しさとグロさが同居する世界観が面白い。

このドレスデン・ドールズの世界は、CDだけじゃわからない。
ギグを目撃して初めて、ちょっとわかった気がします。


なんだかライブラッシュですね。
上のO-Eastでは、Blondieがライブをやっていましたねー。
昨日はHundred Reasonsのライブがあったし。



・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

前座があると聞いていたので、
仕事もあったことだし、20時ちょっと前に会場入り。

というか、会場に入ったら、ちょうどMCのオカマちゃんが出てきました。
オナン・スペルマーメイドさんっていうドラァグクイーン。
時計を見たら19時53分ごろ。
会場の客の入りもまばらだったので、もう一つ前座があるかと思ったら、
オカマちゃんがドレスデンの説明を始めました(舌かみまくりで可愛かった)。
確か3バンドが前座だったと思うけど、スピーディーに終わらせたのね。

19時55分ごろには、もう、ドレスデンの二人がステージに出てきました。
ドンピシャ!

もう1本遅い電車だったら、1曲目逃していたところでした。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

アマンダもブライアンも顔を白く塗って、ゴスメイクしてご登場。
毒のあるお人形のようです。

ステージが高かったら、きっと箱庭ワールドっぽく見えたかも。
機械仕掛けのお人形がデカダンスな音を奏でるドレスデン劇場……

なにしろ低いステージのDuoですから、そういう雰囲気ではなかったのですが、
臨場感はビシバシ伝わってきました。

アマンダは、相変わらず白黒ボーダーのガーター付きタイツに
ヒラヒラレース付きのショートパンツ、黒のピクシーズ(!)のTシャツ
というイデタチ。
髪の毛は赤茶。左右の髪を上頭部でくるりと留めて、意外とガーリー。

それにしても、すっごい気迫。
アマンダはピアノの椅子が何度もひっくり返りそうになるし、
大また開きになるし、ピアノをほとんど叩き弾いている感じ。

ブライアンは、ほっそい男子なのですが、
迫力あるアマンダをしっかりサポートしています(笑)
1曲目が終わって、すぐにシャツを脱いでしまいました。
オーディエンス、大喜び!

ステージの上のアーティストをこんなにまじまじと見ることって
あまりないのですが、なにぶんビジュアルも重視したバンドなので、
しっかり観察しちゃいました。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

Missed Me」は、しょっぱなから、「タメ」がスゴイ。
ずん・ちゃ・ずん・ちゃ……のタイミングを合わせるのって、
タメればタメるほど難しいと思うのだけど、アマンダとブライアンの
息はピッタリで、どんぴしゃ合っていました。
目配せとか合図とかしていなかったけど、あれはどうやっているんでしょう。
経験から成せる技なのでしょうか?

Coin Operated Boy」は、可愛いトイピアノのアレンジで始まりました。
でも中身はなかなかエロいんだよね。
途中、レコードの針が飛ぶようなアレンジがあるのですが、
アマンダはピアノを弾きながら、けっこう長いことレコードの針を飛ばしていました。
壊れかかったお人形みたいで面白い。

War Pigs」のカヴァーは、ロラパルーザやいろんなライブでもやっていて、
個人的に楽しみでした。本家本元よりもパワフルな印象。
ピアノとの相性もいいです。

Port of Amsterdam」は、ブライアンがアコースティックギター、
アマンダがピアノから離れてハンドマイクスタイルで歌い上げていました。
二人のからみがエロいよ~。
でもドラマティックなアレンジでなかなかいいですね。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

【セットリスト】
19時55分から始まり、20時5分でいったん終わり。
比較的すぐにアンコールに移り、20時20分ごろ終わり。
予想よりたっぷりやってくれました。

どこかにちゃんとしたセットリスト、落ちていないかな~
Good Day
Missed Me
Sex Changes
Coin Operated Boy
War Pigs(Black Sabbath cover)
Port of Amsterdam (Jacques Brel cover)
Backstabber
Girl Anachronism
もうちょっと2ndの曲があったように思うケド……
順番あやふやだし、これ以外の曲もやっていると思います。
スポンサーサイト

2006-09-08(Fri) 23:57| 音楽-ライブ記| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/315-9d5594ff

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。