*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

サマソニ06-1日目<その1>

……まだフジの日記を書き終えていません。
ナマケグセがついてしまいました。
まずは、記憶の新しいサマソニのほうを、先に片付けようかと思います。

==============

●Summer Sonic 06日記
8月12日土曜日(1日目)くもり→ 雨 →くもり 

歩数計は4万7066歩という結果。
 
フルに見たのが8バンド。
一つのライブあたり4000歩と仮定すると、ライブでの歩数は3万2000歩。
ということは、純粋に歩いたのは1万5000歩程度。
メッセとビーチエリアの往復なので、そんなもんか。

お天気は、台風のせいで日中は大雨
せっかくビーチステージでゆったり過ごそうとしたのに……
もったいない!

とは言え、この1日目は、私にとって非常に濃い1日でした。
そしてベストアクトを一つに絞ることができないほど、
よいライブに恵まれました。

Johnny Boy(Mountain Stage)
  ↓
Amusement Parks on Fire(Sonic Stage)を途中から
  ↓
The Feeling(Sonic Stage)
  ↓
EL PRES!DENTE(Sonic Stage)
  ↓
Phoenix(Mountain Stage)最初の1曲が欠けた
  ↓
The Cardigans(Sonic Stage)ほんのちょっと
  ↓
Island Stageへ移動するも、大雨で入れず
  ↓
Plan B(Beach Stage)
  ↓
Ted Lennon(Beach Stage)
  ↓
Devendra Banhart(Beach Stage)
  ↓
The Flaming Lips(Sonic Stage)3曲だけ、でも充実!
  ↓
Daft Punk(Mountain Stage)

素晴らしいアクトばかりでしたが、
あえてベストアクトを選ぶと……
Devendra BanhartThe Flaming Lipsでしたっ!!




・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

11時 Johnny Boy @ Mountain Stage
朝からゆるゆる~

とにかく、すっごい人・人・人!

「ジョニー・ボーイってこんなに人気があるのかぁ、スゴイなぁ」
なんて考えながら、見やすい場所を確保。
ライブがへっぽこな香りがプンプン漂う人たちなので、
あまりがっつり見るつもりもなかったもので、ちと消極的。

結局は、人気というよりも、「最初のアクトだからいっちょ見てみるか」
というノリの人が多かったと思います。

サマソニで毎年感心するのは、オープニング・アクトの動員。

去年のThe Subwaysなんかもそうだった。動員数に驚いたっけ。
みんな、ミーハーなのか「とりあえず様子見」でも、ステージに駆けつける。
その代わり、目的の曲が終わると、ササーっと引いてしまうのも悲しいけどね。
  ↓
 昨年のCaesarsの「Jerk it Out」、
 今回のDaniel Powterの「Bad Day」なんかが当てはまりますね


さてさて、肝心のライブはというと、エコー効かせたこだまのような
コーラスが印象的な、ジョニー・ボーイのテーマ曲で始まりました。
「朝のおめざ」に合う1曲ですね。

でも、お姉さんの雰囲気がなんか怖かったのは誤算。

そして心配していたへっぽこぶりも予想通り
まあ、ある意味、味なのかもね。

タイトルが長すぎて覚えきれないシングル曲「You Are The Generation
That Bought More Shoes And Get What You Deserve」では盛り上がり~
たぶん、コレを待っていた人は多かったと思う。

ジョニー・ボーイの曲はスローぎみが多いので、
フェスのウォーミングアップにはちょうどいいと思いました。

【セットリスト】
Johnny Boy Theme - Fifteen Minutes - War on Want
- Formaldehyde (Last Words of Lottery Loser)
- Bonnie Parker's 115th Dream - All Exits Final
- You Are The Generation That Bought More Shoes And Get What You Deserve
- Sheena

公式フォトレポはコチラ


・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

11時40分ごろ Amusement Parks on Fire @ Sonic Stage
これからにも期待

マウンテンステージに残って65daysofstaticsもみたかったけど、
The Feelingを見やすい場所で見たいので、早めにソニックステージへ。
20分ほど見られました。

CDは数回しか聴いていないけど、シューゲイザーものです。
なかなか骨太で頼もしい部分もあります。好印象。
かつてのSwervedriverなんかを想起してしまいます。

あ~もっとちゃんとCD聴こうっと。

ちなみに、うちのダンナさんはこの後マウンテン・ステージまで走り、
65days~を見に行きました。そしてThe Feelingまでに戻ってきました。
2曲見られたそうです。元気な人だ。

公式フォトレポはコチラ

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

12時15分 The Feeling @ Sonic Stage
楽しいやつら!将来の可能性も秘めています

最初は緊張していたのか、ガチガチで大丈夫なのかと心配になりました。
でも、だんだん自分たちのペースを作ってノリがよくなりました。

Helicopter→Sewnと少々沈みがちな流れをぶった切るように
Never Be Lonelyのはじまり~!
個人的ハイライトはココですね。
BBBBBBB BABY I think I'm going CCC Crazy!
もう、叫ばずにはいられませんー

ヴォーカルのダンがなかなかナイスガイで、楽しい人です。
歌いながら手を動かすのは、なんでしょ、クセかしら? 振り付けかしら?
THE虎舞竜ばりの手話みたいでした。だんだんアクションが
大きくなって、ギターを傾けてはげしく弾く姿はメタラーのよう。

ちなみに、演奏もコーラスもちゃんとしていて、
見ごたえがありました。

新曲もちゃんと披露してくれました。
これもなかなか良かったです。またちゃんと聴き直したいです。

そういえば、しきりにMysapceを宣伝していましたね。
「マイスペース・ドットコム・スラッシュ・ザ・フィーリングだよっ」って。
新曲もここで聴けるかと思いきや……まだアップされていませんでした。

「またライブを見たい」と思わせてくれるバンドでした。

【セットリスト】
I Want You Now - Helicopter - Sewn - Never Be Lonely - Rose
- Fill My Little World - Join With Us(新曲) - Love It When You Call

公式フォトレポはコチラ


・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

13時15分 EL PRES!DENTE @ Sonic Stage
ダンテおじさん、アヤシ~

私、このバンドは大好きなんだよね~
少々一発屋の香りがしますが、そんなこと気にしませんっ!
ダンテおじさんの胡散臭さがたまりませぬ。
妙に日本語がうまくて(丸暗記したのかな)、戸惑いましたが……

思いのほか、キーボードのローラの存在感が大きいのは驚いた。
高音のヴォーカルがパワフルだし、ムードメーカーだし。
雑誌記事やテレビ番組で見ている限りはドラムのドーンが中心に見えたけど、
あくまでもビジュアル担当だったのね……ライブでは役回りが違うのね。

終始、グラマラスでダンサブルなチューンを鳴らしまくり。
途中でダンテが変な日本語をしゃべる。
そしてまたノリノリチューン。

新曲はさらにグルーヴィーになっていました。
どこでも演奏したことがない、とのこと。こりゃ次作も楽しみだ。

【セットリスト】
Turn This Thing Aroung - Hanging Around - If You Say You Love Me -
I Didn't Really - Without You - 100mph - Late Night(新曲) - Rocket

公式フォトレポはコチラ


・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

13時55分ごろ Phoenix @ Mountain Stage
ダフトパンク的なレア度 来日待ってました

かねてよりライブを見たかったフェニックス。
かつてのユニットメイトのダフトパンクが
この後に控えているステージ……というのは偶然なのでしょうか?
この二組が揃って、同じ日に同じステージに立つ、というのは
なんだか感慨深い気がします(おおげさ)。

そして……モヤモヤしていたものがわかった、わかりました。
私の好きな1stや2ndの曲はライブ映えしないのですね。
1stや2ndの名曲も満遍なくやってくれるサービス精神には
うれしかったのですが、
芸風が変わった3rdからの曲のほうが断然良かった

というか、3rdであのように変更した理由がわかった気がします。
ライブバンドとしての道を進み続けるなら、
この3rdの路線変更は正解だということですね。

でもちょっとばかり優等生バンドみたいなたたずまいだったな。
きれいめにまとまっちゃっているのもいいけど、
もう少しインパクトがあるかと思ってたんだけどね……

(追記)
後ろに張っていた幕にでっかく「NEC PLURIBUS IMPAR」と
書いてあったのですが、意味が分かりました。
ラテン語。ブルボン王朝の銘。

誰よりも尊大なり」――なかなかスゴイ言葉ですね。

ブルボンの王がルイ14世のような絶対君主に憧れていたことを
示しているという学術的見解。
というのも、ルイ14世は、かの有名な
「朕は国家なり(L'Etat, c'est moi)」という言葉を残していて、
それを意識してNPIという言葉をスローガンにしたという話です。

しっかし、そんな言葉を引用してくるとは……


【セットリスト】
Napoleon Says - Long Distance Call - Consolation Prizes - Run Run Run - Rally
- If I Ever Feel Better - Funky Square Dance -Too Young - Second to None

公式フォトレポはコチラ


・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

14時30分ごろ The Cardigans @ Sonic Stage
もうベテランだね

私はIsland Stageに行く時刻が差し迫っていたけど、
かつて私の青春を支えてくれたニーナの姿も目撃しておきたいと思い、
一度ソニックステージに戻りました。

か、変わっていないー!
奇跡です。
貫禄さえも感じますよ。

結局Lovefoolをやったんだって……
私の青春ソング、、、目撃できず、残念。

公式フォトレポはコチラ

ということで、ニーナの姿を少しだけ見て、アイランドステージへ。
しっかしちょうど大雨が降りだした最悪のタイミングでした……

サマソニ06-1日目<その2>に続く……

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

■関連記事
サマソニ06に行ってきたよ
サマソニ06-1日目<その1>(この記事)
サマソニ06-1日目<その2>
サマソニ06-2日目

スポンサーサイト

2006-08-17(Thu) 02:03| 音楽-フェス| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/335-2b7d2ce0

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。