*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

Matinee / Jack Penate

ジャック・ペニャーテ。
ソングライティングとギター演奏の才能がキラリと光る
大型新人さん。

jackpenate.jpg

Matinee / Jack Penate

(日本盤)

最初にアーチスト名を聞いたときは、その音感から、
ピニャコラーダとか、ハラペーニョとか、
エルニーニョ・エルニーニャとか(超テキトー)、
全然違うコトを想像をしてしまいました。

いや、英語圏なのに、面白いお名前だなって。
ぺにゃ~て!

それに、ジャケ写は、リーゼントバリバリだから
どこかで読んだように、
もっとロカビリー色が強いのかと思いきや……

とても爽やか☆

感想は、この下に。
↓↓↓

---


「マチネ」の「ネ」には「e」にアクサン、
「ぺニャーテ」の「ニャ」には「n」にティルデが付くけど、
文字化けする可能性があるので、付けずに表記しました。

matinée
Jack Peñate
……文字化けしてる? ちゃんと見えてる??

カタカナだと、
「ぺニャーテ」でもいいけど、
気持ち的には「ペニャ~テ」って書きたくなるんだな(笑)。






・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

さて、アルバム「マチネ」の感想。

前述したとおり、名前の先入観があって、
少なくともスパニッシュ・ギターがジャラジャラな感じかと思いました。
(なぜかメキシカンじゃなくてスパニッシュ……私の感覚もいい加減だ)

エネルギッシュさはスパニッシュと同じくらいだけど、
爽やかさが違う!

まるでネオアコです。

爽やかなギターの音色を聴きながら、
お弁当を持って河原に繰り出して、
スキッと晴れた秋空の下、昼寝したくなりそうな秋のピクニックソングです。

青春時代にThe Monochrome SetやAztec Camera
なんかの音に魅せられていた
ネオアコボーイズ&ガールズにもおすすめです。

もちろん、ぺニャ~テさんの音は、
昔のネオアコそのまんまではないです。
(そりゃ、その時代は生きていないだろうから影響は受けないよな)

80年代特有の甘さ・まったりさはなくて、
エッジが効いていて、爽快感が増してます。
そこが現代風味。

どの曲も捨てがたいんだけど、
とりあえずアルバムの1曲目を聴けば、
ぺニャ~テさんの音の特徴が少しわかると思います。
でもご注意を。一気に引き込まれますよ、いい音だから!

「Spit At Stars」
↓↓↓


・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

あと、日本盤にはボーナストラックが5曲も入っています。

そのうちの
「Just Be Good to Me」のカヴァーがとてもいいのです。
正確には「Dub Be Good to Me」(Beats International)の
ほうのカヴァーね。

ほかの曲にはない、
ペニャ~テ流Dubアレンジ+裏声がサイコー!

ということで、あんまり値段が変わらないから、
日本盤のほうをおすすめします。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

ペニャ~テさんのことは
ネオアコ王子と呼んであげたいところだけど、
ネオアコって言葉が過去のものだし、
ルックスが骨太で王子っぽくないから、
この呼び名はワタシの心に留めておくだけにしよう。

繊細なギターにもかかわらず、ルックスが粗野なんだよね。
ファッションもややエキセントリックだよ。
初期のジョン・メイヤーみたいだ。
(メイヤーはスリムジーンズは履いていなかったけど)

メイヤーは、いつの間にか、ものすっごく垢抜けてしまったから、
ぺニャ~テさんもそうなるかな?どうかな?

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

■Jack Penate関連ページ
公式ページ
myspace





スポンサーサイト

2007-11-13(Tue) 11:35| 音楽-CD鑑賞記| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/36-6edd054b

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。