*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

The Go!Team・若さの証

ザ・ゴー!チームの2ndアルバム!
これまた素晴らしい出来ですわ★

thegoteam.jpg
Proof of Youth / The Go! Team

(リンク先は日本盤)

プルーフ・オブ・ユース……若さの証明ですか……
いいなぁ、若さでギラギラしてますね~
ジャケもワケわからんハジけかたをしています。

ドカーンとか、シュパ~☆とか、ギュイ~ん
なんて音が聴こえてきそう。

いいんです、若さがあれば、何でもいいんです。

でも、メンバーはそんなに若くない?


そういえば、来日記念盤も出るYO!








・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

今回は、日本盤をあえて買いました。
それには理由があって……。

ボーナストラックのカヴァー曲というお目当てがあったからです。
なんとソニックユースの「Bull in the Heather」を
カヴァーしているのです。

またこれがねぇ、奥サマ、素晴らしく
完全ゴーチーム風味で、良い出来栄えなんですの!

キム・ゴードンのけだるいボーカル部分は、
ゴーチームの元気な掛け声にとって変わってます。
楽器の演奏は、ソニックユースっぽいノイズを出しながらも、
ゴーチームお得意のキラキラしたおもちゃっぽい音や、
びよ~んと伸び切って壊れたバネみたいな音が
また違ったノイズになって、面白いです。

ということで、この1曲を聴くだけでも、日本盤がオススメです。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

いきなりボーナストラックの話から始めてしまいました。
アルバム全体に話を戻します。

1stアルバムが出たときは、
「ジャクソン5・ミーツ・ソニックユース」
という形容のされかたをしていました。

2ndアルバムも、その方向性は変わっていません。
方向性は同じまま。ファンキーかつパンキッシュ。
そして音の作りが複合的になり、さらに進化したって感じです!

ファンキーでノイジーなギターはもちろん、華やかな鉄琴、
素朴な音を出すリコーダーやトランペット、ハーモニカ、
ときにはパッと弾けるツインドラム、
楽器のセレクトはこれまでと同じままだけど、厚みが出てきました。

厚みがあるといっても、無骨なのではなく。
むしろその逆で、洗練されているというか。

ライナーノーツに「チアリーディング音楽」という表現があったけど、
まったくその通りだと思います。
ファイティング・スピリッツがみなぎっています。
ハンドクラップや号令の掛け声っぽいシャウトが
ところどころ入るところが、体育館やグラウンドの風景を想起させます。
アルバムタイトルもうなずけます。
メンバーは体育会系には到底見えませんが(笑)。不思議。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

メンバーには、ドラムのカイさんのほかに
日本人の女の子のツチダさんが
マルチインストゥルメンタル担当として加わりました。
とてもいい仕事していると思います。

いろんなアーティストが参加しているのも楽しい理由の一つ。
各アーティストの持ち味が生きたまま、
ゴーチーム風味に料理されています。

ボンヂドホレのマリナは「Universal Speech」で
歌っています。不思議とテンションが緩やかになります。

そしてチャックDがボーカルで参加している
Flashlight Fight」は、逆にアグレッシブ。
パブリックエナミー流ラップとスクラッチ、
ゴーチーム流のリズムアレンジが、
絶妙なバランスで組み合わさってます。
超カッコイイのです☆
う~この曲は生で聴きたいなぁ。
ライブではやるんだろうか(どうやって?)

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

とりあえず、「ゴーチームの新曲を試聴したいんだい!」ってかたのために。
1曲目の「Grip Like a Vice」です。
↓↓↓


myspaceや公式ページでも試聴できるよ!
彼ら、太っ腹だと思います。
気に入ったらCDを買おう~☆

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

■The Go! Team関連ページ
公式ページ
公式ページ(日本語)
myspace
カイさんのブログ

■過去記事
ビバThe Go! Team
フジロック05-3日目

<おまけ>ゴーチームが日本のお茶の間に!
1stアルバム収録曲「Get It Together」が
CMで流れて、ビックリした~
AxeのCMソングに採用されてたんだよね。
ココをクリックすると、PV(CMではありません)が見られます。






スポンサーサイト

2007-11-07(Wed) 07:54| 音楽-CD鑑賞記| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/40-3280110b

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。