*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

きらきら☆スターズ

カナダはモントリオールを拠点とするスターズから、
ステキな贈り物が届きました。
珠玉の楽曲が詰まった4枚目のアルバムです。

ほんとにステキ・ステキ♪

stars.jpg

In Our Bedroom After the War / Stars


何しろタイトルがすごい。

すべての戦いは終わり、静かな平和がやってくる……
カーテンを開けると、柔らかい光が差す
ベッドルームから、希望に満ちた新しい日々が始まる

この「戦い」ってなんだろ。
いろいろな意味に取れると思います。
私は人間関係の修羅場を想像しまったのだけど!

ものすごくいい加減な解釈だけど、
そんな世界観を描いているような気がします。











・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

女性ヴォーカル・エイミーのキュートな歌声には
相変わらずキュンとなるし、
男性ヴォーカル・トーキルの落ち着いた歌声には心が安らぎます。
エイミーが一人で歌う曲、トーキルが一人で歌う曲、
二人が歌う曲…どれもこれぞスターズという感じだけど、
個人的な好みでは、エイミーが一人で歌う曲がとても好き。

バンド名にも通ずる、
お星さまがキラキラした夜空を仰ぐような
ファンタジックなチューンがモリモリです。
ダンゼン夜に聴きたい!

星空の夜道を歩きながら……きっと帰途に着くときかな、
ピンとはりつめられた冷たい空気の中で聴くと良さそうな感じです。
寒くても、心はぽっと温かくなるはず。

作っている本人たちは意図していないと思いますが、
冬向きの曲、これからの季節にちょうどいい曲が
たくさんあると思います。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

1曲目「The Beginning After the End」はインストゥルメンタル。
さしずめアルバムのプロローグです。
2曲目がいきなりキラーチューンなので、
ちょうどいい準備体操ってところ。
曲名が、これまた詩的。……「終焉の後の始まり」というのが、
アルバムタイトルを受けてのものかもしれません。
曲の最後に、古い映画のようなナレーションが入ります。
(トーキルのお母さんの声だそう)
さあいよいよ、スターズの物語の始まりです~

2曲目「The Night Starts Here」。
前述しているように、しょっぱなからいい曲を並べてます。
エイミーがメインヴォーカルを取り、
合いの手リフレイン部分でトーキルが歌います。

3曲目「Take Me to the Riot」は、トーキルがメイン。
エイミーのささやくようで柔らかいコーラスが印象的。
でも、ライナーノーツによると、
ちょいとスターズ流の皮肉が込められた歌だそう。

PVがあるので、試聴していただければ。
↓↓↓




4曲目「My Favorite Book
エイミーのヴォーカル曲。
中盤からの曲調がセイント・エチエンヌみたいにフワフワしてる。
(フォックスベース・アルファ!)
ノスタルジックな曲です。



ラストのアルバムタイトル曲、
In Our Beedroom After the War」は、
ピアノのイントロで始まるドラマチックな曲。
シンフォニーアレンジに合唱スタイルのコーラスが加わり、
奥行きがあります。

「修羅場」の後の、なぜだかすがすがしい朝。
エピローグというよりは、
これから、また新しい人生が始まる……そんな場面が
目に浮かんできます。


キラキラしながら、ちょっぴりトゲがある……でも、
それが逆に、取り繕っていないというか、素直に思えて、
好感が持てるのです。

---

日本盤は、全部で14曲を収録。
しかも、ライブドキュメンタリー映像のDVDも付いています。

In Our Bedroom After the War
01. The Beginning After the End
02. The Night Starts Here
03. Take Me to the Riot
04. My Favourite Book
05. Midnight Coward
06. The Ghost of Genova Heights
07. Personal
08. Barricade
09. Window Bird
10. Life 2: the Unhappy Ending
11. Bitches in Tokyo
12. Today Will Be Better, I Swear!
13. In Our Bedroom After the War
14. Division(ボーナストラック)

しかも太っ腹なことに、今なら、
13曲フルで試聴できます。
今すぐ、myspaceへゴー!

どの曲もいいから!


ちなみに、11曲目の「Bitches~」は、
別に東京のビッチではなくて、
東京に来たときに、メンバーがケンカしたときの
ことを歌ったものだそうです~(笑)





・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

■Stars関連ページ
公式ページ
myspace

■過去記事
カナダ発Stars
CanadaWET
エイミー嬢にも注目



スポンサーサイト

2007-11-01(Thu) 02:35| 音楽-CD鑑賞記| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/43-94f4cb9a

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。