*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

朝霧JAM07☆Day2

It's a beautiful day - Camp in 朝霧JAM 2007
10月6日~7日 @朝霧アリーナ

引き続き、2日目のライブレポでっす☆

asagiri-05.jpg


富士山から顔を出す朝日も見ず、ラジオ体操にも参加せず……
ぐうたらに過ごした二日目の朝。
どうやら1日目より天気がいいみたい。
「芝生の上で昼寝ができる~!ウッキー!!」と喜ぶも、
見渡すと、昼寝している人がたくさんいる!

みんな考えることが同じだ(笑)


2日目は、
Bettye LaVette → 中納良恵 → Ozomatli →
Soulive → Very Be Carefulの5組を見ました。
どれもよかったよ!!






。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○

11時10分~ Bettye LaVette Rainbow Stage

ソウルフルおばちゃん、ベティ・ラヴェット。
芸歴は長いそうだけど、
この朝霧に出演するということで、初めて知りました。

この曲は1972年に書いたんだけど、ずっと出せなかったのよ、とか、
46年間(42年?正確には忘れた)歌っているんだけどね、とか、
1曲1曲歌う前に説明して、
芸歴が長いこと&苦労したことをアピール(?)していました。
そのたびにオーディエンスからは、賞賛の拍手が沸きました。

そして、ダンスがヨレヨレフラフラなんだけど、
それはそういうものなのか、単に疲れていたからなのか、
どっちにも取れました。そんな笑いポイントもアリ。
中盤は座り込んで歌っていたから、
やっぱりお疲れだったのかしらん。

でも、おばちゃんの体から発せられるエネルギーは
なかなかすごいものがありました。
何しろ声量がすごい。ハスキーだけど力強い。
経験を積んでいないと出せない貫禄だ、アレは。

迫力だけでなく、
自分の音楽を信じてずっとやってきた“ひたむきさ”も
同居していたように思います。

感動してか、涙ぐんでいる人がちらほらいました。
なんかいいものを見たなあ、と思いました。
こういう経験ってフェスならでは。

こんな早い時間帯のアクトなのに、アンコールの声が揚がりました。
時間が押しているからか、おばちゃんがお疲れだからか、
実現しなかったけど。

。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○

12時20分~ 中納良恵 Rainbow Stage

EGO-WRAPPIN'
(えごらまで入力したら変換候補が出てきた~!)
のボーカルさんのソロ。

ソロアルバムのにわか予習しただけだったので、
ノンビリ見ることに。

ライブは、EGOのソウルフルなイメージはなく、
優しいアコースティックやフォークに振った内容になっていました。
昼下がりに聴きやすい。

ナチュラルな雰囲気が朝霧の空気感とマッチしていました。

ピアノの弾き語りはもちろんだけど、
キャップを被って、ギターも弾いてたよ!
そんな姿は意外や意外!

。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○

13時40分~ Ozomatli Rainbow Stage

オ・ゾ・マットリ~!!!

個人的にはこの日のメインアクト。
そしてベストアクト。

ごった煮オーガニックサウンド・大所帯バンドは楽しい!
新譜「Don't Mess With The Dragon」からのセレクトが中心で、
パンクありファンクあり、ヒップホップあり、
ラテンノリのクンビアあり、ダブありレゲエあり、
リリーアレンのカバーもあり……最初から最後まで、ちっとも飽きない。

というか、オゾマトリは生粋のライブ・バンドだから、
その魅力を100%堪能するには、生のライブを体験しないといかんとです。
CDを聴いているだけじゃ、体がうずうずしてきます(笑)

案の定、オゾマトリを見に集まって踊りたい人だらけで、
レインボーステージ周辺は、昼下がりのダンス会場と化していました。
ダンスダンス♪
そして、ジャンプジャンプ♪

うへ~ 超きもちいい~!!!

そしてライブ後、
ステージから降りてもパフォーマンスを続けていたのにはウケました。
とことん楽しい人たちです。
よく見えなかったけど、胴上げもあった?
いつしかフジで、早朝のグリーンステージ上に上がる前に
客席エリアから演奏を始めたのを思い出しました。

。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○

15時~ Soulive Rainbow Stage

こりゃまた、時間帯が絶妙☆
はしゃぎまくったオゾマトリの後のチルアウトにもってこいです。

(そういえば、オゾマトリの最後から2曲目(?)で
ソウライヴのメンバーが飛び入り参加していました)

ソウライヴも楽しみにしていたアクトの一つなのだけど、
東京のCDショップを探しても、なかなか新譜が見つからないという
レアっぷりってどうよ?
単独だってあるのだから、ちゃんと仕入れて売ってほしいものです。

さて、ドラムとキーボードの兄弟が率いるジャズバンドのソウライヴ。
つーか、バイオグラフィーを読んでいなかったので、
知りませんでした、兄弟だっただなんて。
よく似ていて見分けがつかないと思っていたら、
ドラムくんが兄弟だと紹介したので、合点がいったわけです。

オープニングは、渋いインストのみのセッションが続きます。

オルガンのフュージョンっぷりが、日没前の雰囲気によく似合う。
そして、ギターはかなり渋く、低音も出してグルーヴ感を増しています。
ドラムもファンキー☆

途中から、新加入のヴォーカルがステージに登場。
ソウルフルな印象に変わります。ヴォーカルの乾いた声質から来るものか。
歌が入ると、よりインパクトが出るからか、
会場もヴォーカル曲のほうが盛り上がっていたような。

楽器演奏の三人組のときの反応が今ひとつで、ちょっとカワイソウー
インストだけのときのほうが、ファンキーで好みなんだけどな。


。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○

18時~ Very Be Careful Moonshine Stage

朝霧JAM最後のアクトです。
コロンビア発のヴェリービーケアフル。

これも朝霧をきっかけに知ったバンドです。
あわてて直前に音源をチェキしました。
でもフジに出演経験アリ。
……いかにフジのアーティストを見逃しているってことですなぁ。

生粋のクンビアを目の当たりにするのは初めてでした。
いやぁ、濃ゆい~濃ゆい~
アコーディオンのループやパーカッションのリズムが
頭の中でぐるぐるする!
がちゃがちゃしていて、でもどことなく懐かしい猥雑さが、
なんとも言えぬ中毒性を発揮します。なんなの、これは!

アーティストたちは、いたって天然系。
へんてこな日本語を口走っていました。
(誰かが仕込んだにせよ、覚えている単語数が多くて驚き!)
そんなのを聞くたびに腰がくだけるわけです。

究極の脱力ライヴ!

さらにスゴイことが起こります。
40分くらいパフォーマンスして、
持ち時間が終わっていないというのに、「アンコール!」とか言って
勝手にアンコールに突入。
「へ?終わっていないのに、アンコール??」

そして、早々とステージから去ってしまった。

この天然っぷりに、唖然。
そして大笑い。
こんなバンド、初めてだ。

……ラテンの人は働くのが好きそうじゃないから
早く切り上げたかったのかナ?

最終的には、日高社長がステージに来て、
「もう1曲やります」と言って、無事、もう1曲を演奏しました。

最後の最後で、なかなか面白いものを見ました。

<余談>
同じ南米のクンビアといっても、国によって、
方向性がやや違うらしい。
確かに、オゾマトリにも「Cumbia de los Muertos」って曲があるけど、
VBCとはちょっと違うものなぁ~

お隣の国ペルーの元フジモリ大統領も、
自分のテーマソングがクンビアなんだそうな。
しかも、テクノクンビアなんだって!
選挙キャンペーン中には、それを流して、
支持者と一緒に踊るんだってさ~。さすがはラテンの国。


。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○

■朝霧JAM07関連の日記
朝霧JAM持ち物・2007年版
朝霧JAM07☆雑感
朝霧JAM07☆Day1
朝霧JAM07☆Day2(この記事)






スポンサーサイト

2007-10-16(Tue) 02:40| 音楽-フェス| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/54-3e6bf7a5

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。