*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

Glenn Tilbrookのライブ

●8月7日(日) Glenn Tilbrook 
  @吉祥寺 Star Pine's Cafe


フジWeekとサマソニWeekの間の週末、
吉祥寺なんていう普段あまり行かないエリアでライブ。
元SqueezeのフロントマンだったGlennを見にいったのです。

いやぁ~ Glennったら、よい年のとり方しとりますなぁ!
ゆるいけど、一生懸命でかっこよかったです。

この日は、Glennのドキュメンタリー映画とライブ、という
2本立て。
手作り感覚のイベントで、席に座っての観賞なのですが、
ちっとも退屈しない!

まさにGlenn三昧な楽しい夕べでした。
つーか、フェスだな、Glennの。
Glennまちゅり。





・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

ドキュメンタリー映画「One For The Road」は、
元々スクイーズファンだったAmy Pickardさんという人が、
本腰を入れて制作したもの。大人になって、ケーブルTVの
仕事を通じてバックパスなどを持つ立場になって、今度は
ソロのGlennを映像でとらえることになったというわけ。。。

キャンピングカーでアメリカツアーをしたときの一部始終を
まとめています。これも、すっごく面白い!!
映画が、というより、Glennの行動が!!

映画の中では「RV車」って言ってたけど、これは日本でいう
キャンピングカー!
「Camper」とか「Trailer」じゃなくて、「RV」ともいうのね・・・


ツアー中は、ハプニングだらけ。
まず、最初にRV車のレンタル話がぽしゃって、別のお店で
中古の「Cruise Master」を買うことになり――

結局この中古RV車、ハズレを引いたのか、出発直後に故障。
ツアー中故障しまくって何度も修理工場に行くことに。

キャンプ場では、アウトドアな、ちょっぴりワイルドな食事に
舌鼓を打ったり――

ある土地のライブでは、客席から志願者を募って
ギターを弾かせたり――
地下鉄の駅を、ファンと一緒に、練り歩いたり――

たぶん、どこかのライブハウスで演奏中、観客と一緒に
路上に出てその場で演奏会。
Glennがギター抱えたまま、見知らぬ人の車に飛び乗って
しまう場面もありました。

はちゃめちゃなんだけど、
これもライブにかけるひたむきな情熱なんだな、と思いました。

で、この映画鑑賞の後は、Q&Aコーナー♪ 素敵!
Glennに質問できる機会がありました。
ステージに出るや否や、観客席の写真を撮るGlenn。
Tシャツに半ズボン、サンダルというゆるーいアウトドア姿に
笑いました。アメリカナイズされているのかなぁ??

ココに、ストーリーの概要がまとめられています。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

映画鑑賞の後は、いよいよライブ!!
こんなのを観た後ですから、
やっぱり笑いがいっぱいのライブとなりました!

ギター1本だけのシンプルなライブ。
でもGlennのあっつーい歌声が染み入ります。
なんと、2時間以上、30曲以上もやりました。
ソロ名義の曲だけでなく、スクイーズ時代の曲もたっくさん!
お客さんとのコール・アンド・レスポンスもバッチリ決まって
楽しい♪

第二部は2階席からのご登場。
「Good bye Girl」を歌いながら、映画のように、会場内を
練り歩きながら、ステージへ。
その後も、ステージ上を派手に動き回り・・・
ギター持ちながら、スピーカーの上に乗ったり、
登れるところには登りましたね。やんちゃっぷりに笑いました。

後半は、もう泣きたくなるような素敵なナンバーの
オンパレード。

「Tempted」を聴いたときは、
ダンナさんが
「オレの今夏のリアリティバイツがコンプリートした」って
いうから、何のことかと思ったら、、、そうそう!
フジでリサ・ローブの「Stay」を聴いて、
ナックの「My Sharona」を聴いて、ココで「Tempted」。
そっかそっか、そういうことか!
なんとも偶然。今夏はリアリティ・バイツの曲を
ナマで3曲も聴いたのでした。なんだかしんみり・・・

Glenn Tilbrookホームページ
Glenn Tilbrookツアーレポート
(充実!でも、なぜか横スクロールしないといけなくて、見づらい・・)

このレポート読むと、Glennがいかに食いしん坊だってのが
わかります(笑)

ここまで印象に残るライブは、なかなかないと思います。




スポンサーサイト

2005-08-21(Sun) 15:05| 音楽-ライブ記| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/683-d456ced8

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。