*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

フジロック05-1日目

●Fuji Rock Festival 05日記
7月29日金曜日(1日目)

この日は、
Tシャツ売り場→Cake→Lisa Loeb→the beautiful girls
→Charlotte Hatherley→Foo Fighters
→Palace of Wonderの一人サーカス
という具合に動きました。少なめです。

この日のベストアクトはLisa Loeb

official-goods-shop.jpg

10時過ぎに会場に入りました。
アーティストTシャツ売り場はすでに長蛇の列。
遅かったか・・・でも、まだまだ時間はタップリある・・・と
軽い気持ちで並びました。
・・・しかし甘かった。

10時50分ごろ、恒例のスマイリーの挨拶。
大将も出てきた。イエ~フジロック始まるよ~♪
グリーンステージを遠目に見ながら、並び続ける。

しかーし!!
11時のMaster Lowが終わり、12時25分のSimple Planも
終わり、、、列はちっとも短くならない。
でも、ここまで並ぶと、もう、後に引けない!

早々に諦めた友人の選択は正しかった・・・

待つこと4時間近く。ようやくTシャツにありつけた。
新幹線で東京-大阪間軽く行けるじゃん。仙台なら往復
できちゃうよ・・・なんて出張話をしながら、よくぞ並び続けた。
我ながらアホと思いました。

戦利品は、BeckThe Magic NumbersのTシャツ♪

以下、長文death。読みにくくてゴメンナサイ。

■8月10日追記:わかるものだけですが、セットリストを加えました。





・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

アイコンは、ライブの印象を表しています。
抽象的ですけどー。


14時20分 Cake (なんかなー)
 Green Stage

Tシャツ騒動のおかげで超ギリギリ。モッシュピットまで疾走。
ちょうどバンドメンバーが出てきたところでした。
うわぁ~ナマCakeだよぉ~!!感激。
ヴォーカルがCDよりも年取っている印象でした。
とはいえ、期待通りのひねくれポップ
哀愁タップリのトランペット

中盤で大粒の雨が降ってきてからは、私もほかの観客も
テンション下がり気味・・・。それほど強い雨だった。
残念ながら、No Phoneのコール・アンド・レスポンスも
今ひとつ盛り上がらず・・・

【セットリスト】
Frank Sinatra - Wheels - Stickshifts&Safety Belts
- Comfort Eagle - Sheep Go To Heaven
- The Guitar Man - Daria - It's Coming Down
- Shadow Stabbing - Rock 'n Roll Lifestyle - Guitar
- No Phone - Never There

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

15時40分 Lisa Loeb (もうドキドキですわ!)
 Orange Court

ワタクシ、このたびLisa LoebでOrange Courtデビュー
いたしました。
これまで、このステージでライブ観賞したことが
なかったんです。。。
黒いサンドレスでステージに出てきたLisa。か、かわいい♪
びっくり、ぜんぜん老けてない・・・!! そして癒し系!!!
私の青春ソングの一つでもある「Stay」も、もちろん
やってくれた。
もう、興奮するしかありません……

子供向け絵本「Catch the Moon」付属のCDに収録されている
どんぐりころころ」を歌うLisaはとても可愛かったです。
輪唱もしましたよ。どんぐりころころ どんぶりこ~♪
それはそれは、幸せなOrange Courtデビューでした。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

17時10分 the beautiful girls (常夏の音!)
 Field of Heaven

うぉー心地よいぞ。Jack Johnsonよりも好みかも。
やっぱりバンド編成ってところがよいね。
途中でRed Marqueeへ行かないといけなかったので、
ちょっとソワソワしながら聴いていました。

いちばん気に入っているナンバー「Music」は絶対聴きたい、
「はようやってくれ~」と祈っていても、ちっともやってくれない~
「仕方ない、あと1曲で去ろう」と思った矢先に、なんと
ぴろ~んとアコギのイントロが!
キターMusicだ!やった!! 
気持ちよくシメて、へヴンを去り、レッドへ……

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

18時20分 Charlotte Hatherley (がーん!)
 Red Marquee

ヘヴンからレッドまで競歩ばりの速さで突き進み、
なんとかオンタイムで到着。
ステージ付近はCharlotteに首ったけな男性でギッシリ。
Lisaがベストアクトなら、Charlotteはダークホース、などと
期待していたのですが・・・

ライブの内容は、結論から申しますと、
Ashのティムの横にいるワイルド姐ちゃんのままでした。
ステージに出てからの第一声「ハロー」がものすごく野太くて
「おや? あれでCDのようなラブリーな声が出るのかしら?」と
耳を疑っていたら、案の定、しっかり粗野なロケンロール節。

キライじゃないけど、ちょっとスキル不足でもある。
精一杯やってます感が強くて、余裕がない。人々の注意力を
そらすためにPVをスクリーンに映すあたりも、必死だ・・・

あ~でも、CDの声、いじりすぎ~。もしかしてCDの声は
シャーたんじゃないの?
失望した萌男くんも多かったことでしょう。
CDで十分。っていうか、CDが秀作だったけに、ものすごく残念。

【セットリスト】
Kim Wilde - Rescue Plan - Paragon -Why You Wanna?
- Summer - Dowm - Where I'm Calling From - Stop
- Bastardo - Kids in America (キム・ワイルドのカヴァー)
- S.M.V.T - Taken Out - Gray Will Fade

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

19時20分 Coldplay (ひとやすみ、ひとやすみ)
 Green Stage

CDは好きだけど、ライブは決め手に欠けるColdplay
前回観たときも途中で飽きて、
ゴハンを食べに行ってしまいました(爆
今回は、雨のせいで体力の消耗が激しいのと、
Foo Fightersに備えたかったので、ここで仮眠を取ることに。
レインコート着て、湿ったレジャーシートの上に
寝っころがりました。
つーか、面白ければ起きていましたが、自然と眠気が・・・
後で友人に印象を聞いたら、絶賛派と否定派
ぷっつり分かれました。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

21時30分 Foo Fighters (燃え尽きました)
 Green Stage

サービス精神旺盛なコメディアンロッカーDave Grohl率いる
Foo Fightersのお出まし~!!!
演奏中もそうでなくても、いつも熱く場を盛り上げるデイヴ。
あんた、スゴイよ。
新旧バランスよく選曲していたように思います。
もちろんドラムも叩きました。ステージ下にも下りてきました。

Monkey Wrench」「Breakout」では観ているほうも
ボルテージが上がりまくり!! うひょ~ 楽しい!!
ところで、デイヴは正真正銘の雨男だね。
しかも、それをしっかり自認していました。
MC笑えた。

また、トリがColdplayじゃなくてFoo Fightersという選択は、
正解だったと思います。Fooなら盛り上がるもんね~

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

23時15分 Highwire and Sway Pole Show (拍手!)
 Palace of Wonder

高ーい鉄骨の塔の上でのパフォーマンスを披露する
一人サーカス。高さ40メートル(って言ってたような)の
ところから、さまざまなポーズをとるんです。
しかも塔がしなっている!こわ~
あまりにも高すぎて、パフォーマーの姿が見えない!
ずっと眺めていると、首がめっちゃ痛くなる!!
スゴイ!!の一言。でも、それだけ。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

日付が変わる前に宿に到着。
当然、酒盛りに突入・・・



■関連記事
フジロック05無事終了
フジロック05-2日目
フジロック05-3日目


スポンサーサイト

2005-08-05(Fri) 03:05| 音楽-フェス| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/702-307b5066

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。