*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

Scala & Kolacny Brothers

scala_kolacnybros_ontherocks.jpg今日はネタCDです。
ちょっとクラシックな気分で(笑)

中古CD屋でゲットした、
少女合唱団のアルバム。
ベルギー発。

On the Rocks
/ Scala & Kolacny Brothers

(Amazonリンクがない……)
※このリンク先の曲名リストは
間違ってます



この5月に新譜が出たばかりだけど、
これは2005年に発売された日本向け企画盤。

ロックのヒットナンバーを、
ティーンネイジャーの少女たちで構成される合唱団が
カヴァーしています。

まだまだ残暑が続く中、
少女たちの合唱を聴くと、涼しくなります(笑)








。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○

ピアノの伴奏に合わせて、少女たちが裏声で歌うロックナンバー。
ということで、正直、好き嫌いは分かれるところだとは思いますが……

心を無にして聴くと、いろいろな情景が目に浮かびます。
マイナーコードの曲をソプラノ+アルトで歌うと、
とってもダークでゴシックな作品に様変わりするから不思議。

40~50人の少女の合唱を率いるのは、Kolacny兄弟。
指揮者とピアノ奏者かな(未確認)。

このKolacny兄弟ったら、なかなか戦略家です。
選曲がなかなかよいのです。

曲目は以下。
1.Dream On (Depeche Mode)
2.Muscle Museum (Muse)
3.Smells Like Teen Spirit (Nirvana)
4.I Think I'm Paranoid (Garbage)
5.Creep (Radiohead)
6.Can't Get You Out of My Head (Kylie Minogue)
7.With or Without You (U2)
8.Turn (Travis)
9.Somebody (Depeche Mode)
10.Sexy Boy (Air)
11.Underneath All (Nine Inch Nails)

上記11曲を収録したCDに、
なぜか、スマップの「世界に一つだけの花」を収録した
ボーナスCDが付いています。

。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○

Scalaのカヴァーとして最も有名なのは「With or Without You」でしょうか。
ネットでも音源がゴロゴロしています。

私のお気に入りは……どれもいいのですが、特に気に入っているのは、
「Smells Like Teen Spirit」「Can't Get You Out of My Head」
「Sexy Boy」の3曲です。

Smells Like~は、スローなところがいい。
少女の合唱が意外とダークな印象というのは前述の通りです。
カイリーちゃんのカヴァーは、
やけにヒンヤリした「ラララ~♪」がヤミツキです!?
Airの「Sexy Boy」は、ある意味お約束。
少女の声でこのカヴァーは確信犯的ですな。

YouTubeで「Scala & Kolacny Brothers」と検索すると、
たくさん出てきます。なので試聴は容易です。
でも、受ける印象に個人差はあるとは思いますが、
音楽が合っていない映像が多くて、少し萎えました。
なのでビデオは見ないほうがいいかも……?

ところで、この合唱団の正式名は「Scala Youth Choir」というそうです。
最初はクラシカルな合唱団だったみたいです。
で、Kolacny兄弟が色気を出したのか、
ロック路線にシフトして、今に至っている模様。

。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○

今年の5月に出した新譜「One Winged Angel」もなかなか選曲がいいです。
でも、「On the Rocks」のほうがおすすめかな。

ちなみに、2002年に同じ名前「On the Rocks」で
“正規”のアルバムを出しています。
これが、Scalaロック路線の第1枚目のアルバムです。
(インターナショナル盤とベルギー盤があります)

日本盤とは曲目が異なっていて、なんと、
Wheatusの「Teenage Dirtbag」が入っています!
(曲リストはコチラ
わ~聴きて~!!
(曲リストページの試聴リンクは切れているので、ネットで探し中)


スマップのCDを付けるより、ウィータスを入れてほしかった>日本盤




Scala & Kolacny Brothers公式ページ


。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○  。o ☆o。。o○

ウィーン少年合唱団にも同じようなことをやってもらいたいっ!
でも、そんなことはやらないだろうな~




スポンサーサイト

2007-08-28(Tue) 02:37| 音楽-CD鑑賞記| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/83-95012afa

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。