*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

サマソニ07-2日目<その1>

●Summer Sonic 07日記
8月12日日曜日(2日目)快晴 36695歩


ようやくサマソニ2日目の日記にありつけます。
自分の怠慢っぷりを露呈しているようで、お恥ずかしい……

さて、サマソニ07の1日目は、自分史上サイコーな
シュガー・レイのライブを目撃できました。
でも甘い甘い、2日目もスゴかった!!!

とにかく、ラストの三つ、
ベン・ウエストビーチ、ショーン・レノン、
ペット・ショップ・ボーイズ
は素晴らしい内容でした。
どれがベストか絞れない~

良いライブに恵まれて、幸せです~*
これだから、どんなに忙しくても、どんなに疲れていても、
ライブ通いは止められないのです!
(といっても、最近は行く回数が減っているけど……)

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

2日目は12組を見ました。
ハズレはなかったな。どれもいいライブでした。

Blue Man Group(Mountain Stage)
 ↓
The Draytones(Sonic Stage)
 ↓
Does It Offend You,Yeah?(Dance Stage)
 ↓
Tilly and the Wall(Sonic Stage)
 ↓
Mstrkrft(Dance Stage)
 ↓
The Polyphonic Spree(Sonic Stage)
 ↓
Goose(Dance Stage)
 ↓
Brett Anderson(Sonic Stage)
 ↓
Bright Eyes(Sonic Stage)
 ↓
Ben Westbeech(Beach Stage)
 ↓
Sean Lennon(Beach Stage)
 ↓
Pet Shop Boys(Sonic Stage)

体力温存を目論んで、夕方以降のビーチステージ以外は、
メッセのステージにこもっていました。
マリンのThe Enemy、The Twang、Rooney、The Fratellis、Bloc Party……
みーんな見たかったけどね。残念だ……。

やっぱりメッセから始めると、体力の消耗がかなり少なくて済む。
1日目にあんなにヘロヘロになっていたのがアホみたい。
だから2日目は、1日目のヘロヘロの埋め合わせをしようと、
張り切って精力的に見たはずなのに、
結局見たバンドの数は一つしか変わらない。あれれ??

あとUNKLEは、見ようと思えば見られたけど、
ショーン・レノンの余韻に浸っていたため、ぶっち。
Vitalicも当初は選択肢に入れていたけど、
「ビーチ→ソニック→ビーチ」というステージ間移動が
無理だと判断して断念。











・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

11時00分 Blue Man Group @ Mountain Stage
“エロかわ”くぅちゃんは現れませんでした

この時間帯、メッセのステージでスタートすると、かなりラクだ。

ブルーマングループは、機会があれば見たいと思っていたので、
時間の許すまでマウンテンステージにいることにしました。

実は、倖田來未がゲストで出る、、、と聞いていたので、
話のネタにでもいっちょ見てみるか~なんていう動機もありました。
でも目撃できず。
私は途中までしか見ていないけど、最後までいた友人によると、
結局出てこなかったとのこと。
ガセネタかぁ!?と思っていたら、どうやら1日目に出ていたみたいね。

さてさて、顔を青く塗りたくった3人組のパフォーマンスの話に戻ります。
このサマソニで見た内容は標準的なものなのでしょうか?
なんとなくですが、ロックフェス仕様の内容なのかな、と思いました。

パイプがパーカッションになるのは面白い。
伸ばしたり縮めたり、叩く場所を変えたりして、音階を変えるのはお見事。
叩けば何でも楽器になる、
もとい、叩けばそこに音楽が生まれる、誰もが親しめる……
そんなことを感じさせるパフォーマンスでした。
でっかい和太鼓みたいのもよかった。

でも、顔が真っ青だと、中の人が変わってもバレないなあと思った。
匿名性が高いというか。
だからかな、アーティストとしての印象はない、というか皆無。
音楽的テクニックやアート性は高いんだけどね。

さしずめ着ぐるみを身にまとったパフォーマーという位置付けか。
青ずくめのブルーマン君というキャラクター。でも3人の違いがわからん。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

11時15分 The Draytones @ Sonic Stage
シンプル・イズ・ベスト!

無駄なものを削ぎ落としたスリーピースバンド、ドレイトーンズ。
実質コレが、私にとってのサマソニ2日目のトップバッターです。
う~ん、朝から良いものを見せて(魅せて)いただきましたワ。

私にとってのポスト・リトルバーリー☆
(ふとっちょドラマー兼ヴォーカルのウェインがいた頃の)
ドレイトーンズも、ドラム君のヴォーカルが光っていました。

リトルバーリーと比べると、ファンキーさはなくて至って硬派。
ギターやベースはトコトン渋く、ドラムのビートはシンプル。
どこか懐古的だけど、若さも同居していて、
それがバンドのオリジナリティになってました。

【セットリスト】BMGジャパンのブログから
Don't Talk to Me - After All - Four Years - I Have to Go -
Out of This World - Time - The Happiest Mas - Trafalgar Square -
Keep Loving Me

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

11時50分 Does It Offend You,Yeah? @ Dance Stage
朝から聴くもんじゃない第1弾(笑)

クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤーじゃないよ、
これは、ダズ・イット・オフェンド・ユー・ヤー?です。
はてなマーク付き!

ティリーが始まるまでの間のウォーミングアップ。
とは言え、午前中に聴く音ではなーい!!
おっさん(?)メンバーが電子音の洪水を巻き起こす!!

MSTRKRFT(というかDeath From Above 1979か……)の影響下にある
パンキッシュなエレクトロニック・ユニットです。
体にバリバリと響く重低音が鳴り、パワフルで大味。

様子見だったけど、かっちょええ~
それにしても、パンクよりな人たちがゾロゾロ増えているなぁ~
ちゃんとCDを聴いてみたい。

【セットリスト】溜池日記から
Doomed Now - Weired Science - Battle Royale -
Whip It(Devoカヴァー)- Lets Make Out - We Are Rockstars

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

12時15分 Tilly and The Wall @ Sonic Stage
メダマはタップダンス

子ども番組に出てきそうな楽しい楽団、ティリー・アンド・ザ・ウォール。
女の子メンバーが妖精のような衣装で、
ステージの上がパッとにぎやかになりました。
メンバーたちも楽しそう!

女の子がタップダンスでビートを刻むのはスゴイ!独創的。
しかも笑顔でややスローでタップを踏むから、
ステージがほのぼのした雰囲気になります。

でも、何か細工をして、もっと大きな音を出すのかと思ってました。
でなければ「ドラムの代わり」にはならないと思っていたから。

案の定、ほかの楽器の音にかき消されることもあり、もったいなかった。
その瞬間にティリーを知らない人がチラ見してたら、
「不思議な踊りをしてるなあ」で終わりそう。
まさかサマソニでタップダンスしている人がいるなんて、
思いも寄らないでしょうから。

せっかくハッピーな空間がステージの上に繰り広げられていたのに、
タップの音量だけが……物足りなかったです。
気にしすぎ??

ということで、ステージの空気感もよかったけど、
ライブはよかったけど、
なんかCDのほうがいいや~(爆)

あと、こういうハッピーな雰囲気のメンバーによる音が、
Conor Oberstのレーベルから出ることも、やや驚き。
やっぱりコナーはポジティブ+ハッピー志向に変わったのだろうか??
考えすぎかなぁ~

【セットリスト】V2 Recordsのサイトから
Rainbows in the Dark - Bad Education - Reckless -
You and I Misbehaving - Fell Down the Stairs - Too Excited -
The Freest Man - Sing Songs Along - Nights of the Living Dead

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

12時50分 MSTRKRFT @ Dance Stage
朝から聴くもんじゃない第2弾

フジロックなら、深夜のレッドマーキーで
ブイブイやってそうなマスタークラフト。

元Death From Above 1979の人がやっているだけあって、ロック寄りで、
爆音を容赦なく発してました。パワフルでした!
Does It Offend You,Yeah?からMSTRKRFTという流れはとても良かった。

DFA1979のどっちがやっているのか知らなかったのですが……
調べてみたら、もっさりベーシストのほうだったのね!
意外や意外、こんな才能があるとは。
つーか、DFA1979よりも、
持っている才能とセンスを存分に発揮していると思いました。

そうそう、ライブとは別に、印象的な出来事が。
幼児連れの女を見かけた。
爆音だらけで真っ暗で混んでいるMSTRKRFTのパフォーマンス中によ。
そいつの気が知れない。マジビックリ!!

子どもの耳が壊れたらどうするの?
暗闇ではぐれたり事故に遭ったりしたらどうするの?

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

13時15分 The Polyphonic Spree @ Sonic Stage
ティムは教祖サマ!? いえいえ戦略家です

相変わらずすごいね、ティムとその仲間たち。
ティムはもちろん、他メンバーのポジティブぷりが尋常ではありませぬ。
仰々しいほどです。なんか、あてつけられました。
パフォーマンス中、ずっとずっとポジティブ光線が発せられていました。

第一、ポリフォはサマソニ03で、
炎天下の朝一マリンを、それはそれは元気にこなしただけあって、
そんな簡単にそのパワーが衰えることはないだろうと思っていました。

今回は新アルバム「Fragile Army」のビジュアルコンセプトの
黒衣装でスタートしました。
赤い横断幕を張ってステージを隠していて、
メンバーがゾロゾロ登場するのが見えないようになってました。
ティムが、幕の真ん中を切ると、張っていた幕がさっと落ちて、
ステージにスタンばってた大勢のメンバーが現れるっていう趣向がユニーク。
ぞろぞろと登場するよりも、ずっと迫力がある!

しかも、この幕の切り方が……芸が細かい。
ハート型に切り抜きながら切っていったのでした。
(そのハートは、ライブの最後に掲げていました)
最初を見逃した友人には「あのハート型は何だったの?」と聞かれましたが。

もう、何がなんだか、しっかり覚えていません。
ナチュラルハイっていうのはこういうことなのか。

途中で白いローブに衣装替え。
う~ん、宗教っぽいけど、こっちのほうがいいなぁ。
「これぞポリフォ」って感じがする。

Lithiumカヴァーは、盛り上がることは容易に予想できたけど
老若男女(私含む)がモッシュピットで揉みくちゃになっている光景は
本当に圧巻でした。こんな光景、なかなか見られないね。

最後は太陽讃歌でシメ。

個人的には、オープニングの赤い横断幕とLithiumカヴァーが
ハイライトでした。
……つまり、前のライブにはなかった新しい要素です。

バンドおよびライブパフォーマンスのコンセプト、衣装、キャラクター、
選曲、すべてにおいて、ティムの戦略家っぷりには、つくづく感心。

【セットリスト】2chから
(cut ribbon) - (harp solo) - American Dream - Running Away -
Hanging Around the Day (short intro) - Get Up and Go -
Light and Day / Reach for the Sun - The Championship - (robe change) -
(no walk thur crown) - Together We're Heavy -
Love(short Version, Evan H starts TWH when Tim Leaves Stage) -
Lithium(...Short Ending) - King -
It's the Sun(reprise short, twice slow, then "ON MY WAY", END)

でも、リキッドルームでやった単独のほうがよかったな。
狭いステージに20数人のメンバーがぎゅぎゅっと並んで……
より一体感があって、楽しかった覚えがあります。

・・・----☆・・・・・・-----☆・・・・・・・・------☆

いったん、ここで切ります。
三大ベスト、ベン・ウエストビーチ、ショーン・レノン、
ペット・ショップ・ボーイズにはまだたどり着けなかった……。

この続きは、「サマソニ07-2日目<その2>」で……。ふぅ。

■Summer Sonic 07日記
サマソニ07箇条書き感想
サマソニ07-1日目<その1>
サマソニ07-1日目<その2>
サマソニ07-2日目<その1>(この記事)
サマソニ07-2日目<その2>





スポンサーサイト

2007-08-23(Thu) 08:56| 音楽-フェス| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/86-fdc6a06d

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。