*プロフィール*

lucie

Author:lucie
三度の飯より洋楽が好き

……ってのは言い過ぎかな。
もちろん食べるのも好き、飲むのも好き。

-*-*-*-

別のブログからお引っ越ししてきました。
インポートした記事には、まだ写真抜けや文字化けがチラホラ……
テンプレートもカスタマイズ中なので、まだまだ見づらいかもしれません。

これまでいただいたコメントまでは引っ越せませんでした。すみません。でも懲りずにコチラでもコメントくださいね☆

-*-*-*-

日記に関係のない、スパムと思われるコメントは消しちゃいます。

*日記のカテゴリー 工事中*

*過去の日記一覧*

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


*ブログ内検索*

*おともだちりんく*

*RSSフィード*

*for personal use*

*useful address*

ホテル割引予約 - HotelClub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

2004年マイ・ベスト映画5

映画の日記はサボっていて、あまり書きませんでしたが、
傑作に恵まれました。
2004年の個人的ベスト作品を五つピックアップしました。

※日本公開時が2004年のものから選びました。

sarah.jpgvanhelsing.jpg





bigfish.jpglotr.jpg







incredibles.jpg










【1位】「ドーン・オブ・ザ・デッド」Dawn of The Dead
主演サラ・ポーリー

ゾンビ映画。スリラーですが、ゾンビが愛らしく見えます。
地に足付けて練り歩いていたゾンビは、時代を経て、
超高速で駆け回る姿に進化。よりエキサイティングに。

サラ扮するアナは逃げ惑うだけでなくゾンビとの死闘を挑みます。
それは力ずくの戦いではなく、人間だからこそできる頭脳戦。
ゾンビの野性(?)が勝つか、人間の知恵が勝つか、
その駆け引きがノンストップで繰り広げられるのが面白いです。

私にとってはコメディでした。終始笑いっぱなし。

【2位】「ヴァン・ヘルシング」Van Helsing
主演ヒュー・ジャックマン

ドラキュラ映画。こちらはスリラーというよりはアクションコメディ。
よくあるドラキュラ退治ですが、様々な妖怪が出てきます。
CGの使い方も効果的だったと思います。
ケイト・ベッキンセールは「アンダーワールド」に続き、
ゴスっぽさが板についていた。
パールハーバーなんてやめて、この路線でいってください。
あと、ロード・オブ・ザ・リングのボロミア役が意外な役で登場してました。

同じドラキュラものの、「ブレイドIII」が楽しみ♪

【3位】「ビッグ・フィッシュ」Big Fish
主演ユアン・マクレガー
監督ティム・バートン

ティム・バートンの世界が広がるファンタジー。
ユアンたん主演映画なので外せません。でも、もっと上位に
なるかと思いきや、3位にとどまりました。
というのも、もっとファンタジー・コメディを想像したからです。
実際は、思ったよりも家族愛、一人の男の生き様が
強く描かれたドラマ仕立てでした。

それよりも、ユアンたんがあんな風に年をとるのかと思うと、
気が滅入ってしまいました。
老後のエド(アルバート・フィンニー)に切り替わり、
ユアンたんが出なくなった後半では、
正直、物語に集中できなくなってしまいました。

映画館は、カップルで来ている人が多かったです。

【4位】「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」The Lord of the Rings: The Return of the King
監督ピーター・ジャック
助演オーランド・ブルーム

ファンタジー・アドベンチャー映画の傑作。
指輪の旅、戦争が絡み合い、いよいよ物語は終盤へ。
大軍のCGは圧巻でした。
スケールが壮大すぎて、あまりうまく説明できません。
見終わった後は、変な余韻がずーっと残っていました。
長い旅が終わったと思うと……。けっこう感情移入してたんだなぁ。

オーランド・ブルームの出番が少なかったように思うが、
まあ、ホビットの旅が佳境に入ったので、それは仕方アリマセン。

ピーター・ジャクソンの次回作「キングコング」はどんな風になるんだろ。

【5位】「Mr.インクレディブル」The Incredibles

ピクサーアニメ。
監督は、アイアン・ジャイアント(傑作、泣ける)などを手がけた
ブラッド・バード。
モンスターインクやファインディングニモと大きく違うのは、人間を
キャラクターに取り上げたこと。それだけアニメの技術が向上している
ことを認識しました。肌や表情、洋服がしっかり再現されていました。
ちょっと変わった家族とはいえ、絆は普通の家族と同じ。
「ヒーロー業」という“仕事”について、ユーモアたっぷりに
描いているのも、ヒーローものが好きな人には興味深い。

みんなが楽しめる映画です。


【次点】
「スパイダーマン2」Spider-Man 2
メガネ七三分けばんざい。しっかり萌えさせていただきました。
が、納得いかない部分が多数あり……。

「華氏911」Fahrenheit 9/11
ブッシュを引き摺り下ろすことはできませんでしたが、
多くの国、多くの人々に問題提起できたことは意義があると思います。

「スクール・オブ・ロック」School of Rock
ロック映画として、お約束ネタ満載。
しかし、ジャック・ブラックのオレ様っぷりな役柄が
あまり賛同できませんでした。

スポンサーサイト

2004-12-29(Wed) 14:31| 映画&TVドラマ| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lucievanpelt.blog103.fc2.com/tb.php/993-21c59744

*最近の日記*

*コメントありがと*

*トラックバックも見てね*

*Last.fm*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。